なかのひと


GoogleAnalytics


« 家作りでは風の向きを考慮した窓の設計が大切です。 | トップページ | 床から高いところにある窓を開け閉めできれば涼しく暮らせます »

2012年7月 4日 (水)

節電の夏。風の出口を立体的に考えれば、いいこといっぱいです。

節電の夏がやってまいりました。夏の節電として考えられるのはエアコンを使わないこです。
その方法は
 風が入りやすい窓
 室内の熱を外に出す窓
 窓と屋根からの日射熱を遮る

ことです。

 
「風が入りやすい窓」とするには
風上に大きな窓を設け、風が通り抜けるようにすることです。
風が入りやすくするには風の方向に窓を向けるの一番です。
その上で風の出口をつくるのが最上です。
 
けれども思ったようにいかないこともしばしばです。
風が南から北に抜けないのなら
家の一番高いところに窓をつくって
上に向かって流したら良いでしょう。
あったまった空気は上に上に上りますから
ますます効果的です。
 
 
これはその実例です。
 
_1802842_120704_105mmf80_50_iso6400
 
この時期、大活躍です。
今、この窓の下でこのブログを書いていますが涼しいです。
じつは、この写真、我が家のてっぺんの窓です。
 
ついでにもう一つの使い道があります。
 
てっぺんの窓の近くにシーリングファンをもうけたのですが
このファンを上方向に回すと
焼き肉の匂いや煙がガンガン排出できます。

千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
 
私のFacebookは ← ここをクリック
 
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

« 家作りでは風の向きを考慮した窓の設計が大切です。 | トップページ | 床から高いところにある窓を開け閉めできれば涼しく暮らせます »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの方法」カテゴリの記事

  ・暑さ寒さ」カテゴリの記事

 ●エコな家作り」カテゴリの記事

 ★夢の我が家です」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/55121620

この記事へのトラックバック一覧です: 節電の夏。風の出口を立体的に考えれば、いいこといっぱいです。:

« 家作りでは風の向きを考慮した窓の設計が大切です。 | トップページ | 床から高いところにある窓を開け閉めできれば涼しく暮らせます »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック