なかのひと


GoogleAnalytics


« 障子・ガラリ戸・落葉樹で夏の日射しを遮る実験中の夢の我が家です。 | トップページ | 家作りでは風の向きを考慮した窓の設計が大切です。 »

2012年6月 4日 (月)

夏の暑さを家の中に入れないためには屋根の断熱は欠かせません。

_min1687_120603家の中を暑くしてしまう主な原因は、
窓から入る日射と熱くなる屋根からの熱です。
だから日射を遮るために、「障子」「ガラリ戸」「庭の樹木」の効果を我が家で実験中です。それでは、屋根はどうしたらいいでしょう。

ずばり断熱です。
屋根あるいは2階天井の上に
14cm〜20cmの断熱材を入れることです。
 
断熱材より外側の熱い空気を外に出す工夫も忘れてはなりません。
空気層を3cm以上確保して熱い空気を外に出すことも大切です。
 
そうはいっても先ずは断熱材です。
  
家の中に屋根からの熱を伝えないことが断熱をする理由です。
だから
屋根のすぐ下でも
天井の上でも
その効果は、ほぼ同じです。
 
リフォームならば
2階天井の上に20cmの断熱材をしきつめれば良いと思います。
これで、夏の暑さから家を守れることでしょう。
  
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

« 障子・ガラリ戸・落葉樹で夏の日射しを遮る実験中の夢の我が家です。 | トップページ | 家作りでは風の向きを考慮した窓の設計が大切です。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの方法」カテゴリの記事

  ・暑さ寒さ」カテゴリの記事

 ●エコな家作り」カテゴリの記事

 ★夢の我が家です」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/54877449

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の暑さを家の中に入れないためには屋根の断熱は欠かせません。:

« 障子・ガラリ戸・落葉樹で夏の日射しを遮る実験中の夢の我が家です。 | トップページ | 家作りでは風の向きを考慮した窓の設計が大切です。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック