なかのひと


GoogleAnalytics


« ひとつひとつは退屈だけど組み合わせると一挙におもしろくなる省エネ・快適技術ってなんだろう? | トップページ | 夏を快適に暮らす家にするにはどうしたらいいでしょう。 »

2012年5月27日 (日)

家は美しくて地震に強く快適で住みやすいのが一番です。そのうえで工夫を凝らした行動が省エネだと思います。

_min4969_937_090818省エネは家づくりの中でどんな意味があるでしょうか。家は「見た目に美しいか」、「生活や家族の命・財産を守れるか」、「暮らしは快適か」、そして「これら全てを実現するときにいかほどのエネルギー・資材・労力を費やすか」の四つのことで表現できると思います。

家は美しくて地震に強く快適で住みやすいのが一番ですが
このときに
どれほどのエネルギーが必要か
予測して工夫を凝らした行動が省エネだと思います。

省エネというと設備を新しくして
例えばさ新式のエアコンを入れて
太陽電池を屋根に載せて

こういったことだけに走りがちです。
もちろん、エネルギーを有効に使うわけだから
とても大事なことには違いありません。

けれども
それだけではないということを言いたいのです。

伝統的な古くからの我が国の建築に
美しく憧れを感じるのは
冒頭に書いた
 「家は見た目に美しいか」
 「家は生活や家族の命・財産を守れるか」
 「家での暮らしは快適か」
 そして
 「これら全てを実現するときに
  いかほどのエネルギー・資材・労力を費やすか」
を経験的によしとして
形にしているからだと思っています。

そこにはいろんな工夫が潜んでいるからだと思います。

さらに
この上に現代の技術を組み合わせたら
もっともっと素敵なことになると思います。

だから少しづつひもといていきます。
 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

« ひとつひとつは退屈だけど組み合わせると一挙におもしろくなる省エネ・快適技術ってなんだろう? | トップページ | 夏を快適に暮らす家にするにはどうしたらいいでしょう。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの哲学 家って何?」カテゴリの記事

 ●古い家,建築 家づくりの歴史」カテゴリの記事

 ●エコな家作り」カテゴリの記事

 ●自立循環型住宅 家づくりの科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/54814796

この記事へのトラックバック一覧です: 家は美しくて地震に強く快適で住みやすいのが一番です。そのうえで工夫を凝らした行動が省エネだと思います。:

« ひとつひとつは退屈だけど組み合わせると一挙におもしろくなる省エネ・快適技術ってなんだろう? | トップページ | 夏を快適に暮らす家にするにはどうしたらいいでしょう。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック