なかのひと


GoogleAnalytics


« 家の性能について普段から実践しているを明日から書いていこうと思います。 | トップページ | 近くを歩いて保存樹木や他を圧倒する緑に気づきました。 »

2012年3月13日 (火)

地震に強い家にするには、筋交いの量、位置、床を強くします。

地震に強い家にするには
 力を受けて耐える壁を多くする
 この壁の位置と並び方を整理する
 その上で壁の能力を発揮できるように床を強くする
の三つを同時に成立させます。

筋交いをたくさん入れれば強くなります。
けれど、これだけではだめです。
いくら一杯筋交いがあっても、
筋交いのあるところと無いところがアンバランスだと
ねじれるように壊れたり
弓なりになって壊れます。

そうならぬように
壁を整理します。
どういうことかはまた明日。



おきてがみ

 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

↑ソーシャルブックマーク登録ボタンです。


« 家の性能について普段から実践しているを明日から書いていこうと思います。 | トップページ | 近くを歩いて保存樹木や他を圧倒する緑に気づきました。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの方法」カテゴリの記事

   ・耐震、強度」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/54216057

この記事へのトラックバック一覧です: 地震に強い家にするには、筋交いの量、位置、床を強くします。:

« 家の性能について普段から実践しているを明日から書いていこうと思います。 | トップページ | 近くを歩いて保存樹木や他を圧倒する緑に気づきました。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック