なかのひと


GoogleAnalytics


« 今週末は菜園のある家の見学会です。梁・柱はお客様自身が切り出したものです。 | トップページ | 家は地震に強く寒い日でも暖かくというのが当然です。それだけではなく生活を楽しもうとするのも家です。 »

2012年3月 1日 (木)

『木造軸組構法の近代化』を開いて木造と地震について勉強中です。

001今、『木造軸組構法の近代化』という本を読んで勉強しています。図ばかりを眺めているぶんには楽しめます。けれど、本文を読み始めると、学術書の本領発揮で読みづらいです。けれど私を引いていく何かがあって勉強中です。

木造のお話です。
木造の家の耐震性は
筋交いなどの斜めの材と
面材といわれる合板による
耐力壁が受け持っています。

けれどこれはずっと昔からのことではありません。
明治になって西洋の工学が入ってきてからのことのようで
ここいらを検証しています。

地震に強くするには
柱を思い切り太くして
この柱を絡めるようなこれまた太い梁や長押や根がらみなど
あるようです。
庶民の住宅においては太い柱を何本も建てられず
太い梁もそうそう沢山はあり得ません。

もっと費用をおさえて
強くしなくてはなりません。
斜めの材料を壁に中に入れるのが経済的です。
けれど、この斜めの材は何時からのものでしょうか。

こんなことの勉強中です。


おきてがみ

 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

↑ソーシャルブックマーク登録ボタンです。


« 今週末は菜園のある家の見学会です。梁・柱はお客様自身が切り出したものです。 | トップページ | 家は地震に強く寒い日でも暖かくというのが当然です。それだけではなく生活を楽しもうとするのも家です。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの方法」カテゴリの記事

   ・耐震、強度」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/54116987

この記事へのトラックバック一覧です: 『木造軸組構法の近代化』を開いて木造と地震について勉強中です。:

« 今週末は菜園のある家の見学会です。梁・柱はお客様自身が切り出したものです。 | トップページ | 家は地震に強く寒い日でも暖かくというのが当然です。それだけではなく生活を楽しもうとするのも家です。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック