なかのひと


GoogleAnalytics


« 柱と梁を大工さんが手刻みした家が上棟しました。 | トップページ | 多くの人が目を通し知恵を注ぐのが工務店の家づくりの強みかなと思っています。 »

2011年10月23日 (日)

答えなんて転がっていません。自ら考えるしかありませんね。

家とはなんだろうか。家を何故つくろうとするのか。家をつくる職業ってなんだろうかと。考えながらの毎日です。ここを整理するのがこのブログの目的の一つです。最近、こんなことを綴っていないような気がしますが、とにもかくにも一歩一歩前に進みましょう。

家には性能がつきものです。
同時にデザインというか美しいということもあります。
当然のこと広さとか生活を包みこむ器としての
物理的な要求もあります。
そしてこれを作りあげる技術や工事費や法律による規制もからんできます。

いろんな側面のある家づくりです。

そんなこといったって
家で住んでいく満足感とか気持ちとか
ここのところが大切ですね。
結局のところ
生活をしていく中での感触や空気を感じるといいますか
住むことへの回答を用意することのように思います。

それへの回答はいろいろです。
「住まい方はいっぱいあります」と、
堂々と言えるような雰囲気が出来上がったのは
実はごく最近のことのようですね。
だから
答えなんて転がっていません。
自ら考えるしかありませんね。



おきてがみ

 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

↑ソーシャルブックマーク登録ボタンです。


« 柱と梁を大工さんが手刻みした家が上棟しました。 | トップページ | 多くの人が目を通し知恵を注ぐのが工務店の家づくりの強みかなと思っています。 »

 ●家づくりの哲学 家って何?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/53067685

この記事へのトラックバック一覧です: 答えなんて転がっていません。自ら考えるしかありませんね。:

« 柱と梁を大工さんが手刻みした家が上棟しました。 | トップページ | 多くの人が目を通し知恵を注ぐのが工務店の家づくりの強みかなと思っています。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック