なかのひと


GoogleAnalytics


« 夢の我が家は木工事が終わりました。 | トップページ | 歴史的な木造建築は美しいけれど実は弱点もあります。 »

2011年6月27日 (月)

最強の木造住宅をつくる『建築知識ビルダ-ズ No.05』です。

001_4さいきんこの建築知識ビルダ-ズ No.05 を買いました。Amazonでも探していたのですがOAZOの丸善に行ったときに見つけて買ってしまいました。これ凄いです。今の木造住宅の最前線です。

001_2

特集の記事がなんといっても凄いですね。

構造をわかりやすく
省エネの必要性がわかり
木造と防火の関係を説明し
なおかつデザインについても
最先端の内容です。
これ全てを実現できたら最強の木造住宅ができますよ。

この特集記事の執筆者
山辺豊彦氏、野池政宏氏、安井昇氏は
常に自然回帰の家でお世話になっています。

ということは
自然回帰の家ってけっこう最前線ってことですか。


おきてがみ

 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

↑ソーシャルブックマーク登録ボタンです。


« 夢の我が家は木工事が終わりました。 | トップページ | 歴史的な木造建築は美しいけれど実は弱点もあります。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの方法」カテゴリの記事

   ・耐震、強度」カテゴリの記事

  ・暑さ寒さ」カテゴリの記事

 ●自然回帰の家 家づくりの実際」カテゴリの記事

 ●エコな家作り」カテゴリの記事

 ●自立循環型住宅 家づくりの科学」カテゴリの記事

●本 家づくりの現場から」カテゴリの記事

  * 建築の本」カテゴリの記事

コメント

いよいよ完成まじかですね。町内に自慢できる御殿が出来るのが
楽しみです。自室から今日はどこまで進むのかなと、楽しんでいます。奥様の主婦の城(台所)に対する考え方や執念には
素晴らしく後々を考えたレイアウトや備品を収納する最終の事まで考えていることに敬服します。悔いのないこれからの暮らしを
考えれば当たり前の事ですが、設計者と妥協するときは妥協し、譲れないところはご自分のポリシーを発揮されることは素晴らしいことと感じます。お披露目の30・31日が待ち遠しいいです。

石井様
コメントありがとうございます。
御殿でもなんでもないんですよ。
でも、我が儘はいっぱいつくしました。
完成が楽しみでなりません。
妻も大満足の様子です。
見学会の日には是非、お運びくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/52060091

この記事へのトラックバック一覧です: 最強の木造住宅をつくる『建築知識ビルダ-ズ No.05』です。 :

« 夢の我が家は木工事が終わりました。 | トップページ | 歴史的な木造建築は美しいけれど実は弱点もあります。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック