なかのひと


GoogleAnalytics


« 長い軒先を眺めながら出来上がる家へ思いをはせます。 | トップページ | 夢が形になっていく家づくりです。 »

2011年5月 5日 (木)

なにかと手のかかる家ではあります

_1807876_110505_1家とはなにかとの問に明確な答えがないのが現代、と思っていたら、先の大震災です。
けれど身の回りはこんなにも新鮮です。

_1807876_110505_1_2

目を移すと色も鮮やかです。

_1807883_110505

けれども人に限っては
家がないと生命さえも維持できないんですね。
寒さに耐えられないので家の中で暖をとるし
雨から身を守らないと凍えます
暑ければ、なんとか涼みをと
なにかと手のかかる家ではあります。

耐震性はいかほどか
省エネ性はいかほどか
どの程度のエネルギーであったかいのか
エアコンなしで夏は過ごせるか

ここは少なくともはっきりとしなくてはと思います。


おきてがみ

 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

↑ソーシャルブックマーク登録ボタンです。


« 長い軒先を眺めながら出来上がる家へ思いをはせます。 | トップページ | 夢が形になっていく家づくりです。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの哲学 家って何?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/51588467

この記事へのトラックバック一覧です: なにかと手のかかる家ではあります:

« 長い軒先を眺めながら出来上がる家へ思いをはせます。 | トップページ | 夢が形になっていく家づくりです。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック