なかのひと


GoogleAnalytics


« こんなパエリアをつくるキッチンが妻にとっての夢の我が家のようです。 | トップページ | カウンター材の節や色やこもごも気になってきて、結局、取り替えることにしました。いろいろあります。 »

2011年5月24日 (火)

なぜ家をつくるのかというと、あるひとつの強い願望があるからです。

さいきん読んだ本の中でガチーンときたことを忘れないように書いておこうと思います。夢の我が家の工事真っ最中のことですので、家づくりで気になったことです。

《私達は、
 限りある人生をより豊かに健康に生きたいと願う時、
 その基本を支える住まいに願いをかける。
 自分の感性を解放し、
 より自分らしく生きていくために、
 自分が目指すライフスタイルの断片を家に刻んでいこうとする。
 だから
 高いリスクをしょっても、
 家づくりに挑戦するのだ。》
   (井形慶子著『戸建て願望』より)

タイトルだけを見て気になって衝動的に買った文庫本です。

後でよく考えたら同じ著者の本を読んだ記憶があります。
イギリス信奉のみで
「これはちょっと」と感じた著者でありました。

けれど
衝動的に買った文庫『戸建て願望』だけは
著者自身の家を建てた記録とあって
嘘がないように感じ
三時間くらいで一気に読み終えました。
ちょうど私も自宅をつくってることから
ことさらに揺り動かされたのかなと思います。

だから現場に吸い寄せられたのか
今日、品川区の消防署で確認申請の訂正を終えた後に
現場によりました。
そのときは
良いかなと思ったのですが
今頃になって気になり出したことがあります。
その場で、これはいかん、とすれば良かったのですが
やはり
明日またいってみて確かめてこようと思います。

またとない大事な家づくりですから
あきらめずに完成しようと思います。


おきてがみ

 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

↑ソーシャルブックマーク登録ボタンです。


« こんなパエリアをつくるキッチンが妻にとっての夢の我が家のようです。 | トップページ | カウンター材の節や色やこもごも気になってきて、結局、取り替えることにしました。いろいろあります。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの哲学 家って何?」カテゴリの記事

 ★夢の我が家です」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/51759521

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ家をつくるのかというと、あるひとつの強い願望があるからです。:

« こんなパエリアをつくるキッチンが妻にとっての夢の我が家のようです。 | トップページ | カウンター材の節や色やこもごも気になってきて、結局、取り替えることにしました。いろいろあります。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック