なかのひと


GoogleAnalytics


« 災害に強いこと、省エネの二つに行き着きます。 | トップページ | 良い家をつくるには施工力がどうしても必要です。 »

2011年4月17日 (日)

日の出とともに起き、日が沈むと休む、そんな生活が当たり前だったり、こんな家が理想です。

家をつくるといってもどんな家ならいいのでしょう。今、考えるなら停電があっても生活できる家ということになるかな。このためには二つの道があります。そしてもう一つかな。

一。自己で使う電気を自分でつくる。
二。電気を使わない生活にもどる。
三。日頃から節電に努め、必要電力の総量を小さくする。

さてさて、どれにしようかな。
自分でつくる電気は太陽光発電という方法が浮かびます。
実際にモンゴルの遊牧民は太陽光発電パネルを持ち運び
携帯電話の充電用の携帯型太陽光発電も売れ筋良好のようです。
太陽光発電では晴れているときにしか電気はつくれません。

電気を使わない生活にもどれるかというと
普段の生活を顧みると、困難かもしれません。

日頃から節電に勤める、これなら今からでもできます。
まずはこの点から始めるのが楽しくもあるようです。

省エネということですね。

省エネをするためには
少なくとも家の基本性能を高めておく必要があるように思います。
少ないエネルギーで暖かくするにはより良い断熱が必要です。
昼間に電灯を使わないためには、
太陽の光をより多く取りいれなくてはなりません。
冷房をしないためには風通しのよい家でなくてはなりません。
そして何より
この家でずっと暮らしたいと思う家への愛情なのかな。
我慢をする省エネではなくて
ちょこっと不便かもしれないけれど
その不便な感じを楽しめるような家がいいのかな

言葉足らずなのですが
そのような家で楽しくしながら実はエネルギーを使っていない
こんな家がいいのかなと思います。

雨の降る日には家の中にいても雨音が聞こえたり
家の中であったかい、けれど外は寒いのだな、と感じれたり
ふっと外を見ると風が吹いてるなってわかったり
日の出とともに起き、日が沈むと休む、そんな生活が当たり前だったり
こんな家が理想です。


おきてがみ

 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

↑ソーシャルブックマーク登録ボタンです。


« 災害に強いこと、省エネの二つに行き着きます。 | トップページ | 良い家をつくるには施工力がどうしても必要です。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/51419207

この記事へのトラックバック一覧です: 日の出とともに起き、日が沈むと休む、そんな生活が当たり前だったり、こんな家が理想です。:

« 災害に強いこと、省エネの二つに行き着きます。 | トップページ | 良い家をつくるには施工力がどうしても必要です。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック