なかのひと


GoogleAnalytics


« 断熱の性能、暖房の方法、日射について夢の我が家はこう進めています。 | トップページ | 完成すると見えなくなる大切なところを作りあげるって楽しいことです。 »

2011年1月18日 (火)

納得のいく屋根の形で夢の我が家をつくります。

家の象徴は屋根なのかもしれません。モダンな家、モダンというこんな言い方が恥ずかしいのだけれど、家はそのときどきに変わるものかもしれません。変わるものは形です。変わらないものは家の中での夢だったり生活の基地というのは今も昔も変わらないでしょう。

最初の言葉からねじれているかな。
家の象徴は屋根ということでした。
屋根の形はどこからくるのからしらと思うと
それは
屋根をつくる材料
屋根を支える構造
気候
の三つかしらと思います。

防水性の低い材料なら、なるべく早くに雨を落とし
横方向に掛け渡す材の入手が簡単ならば
でっかい梁を何本も組んでいって屋根ができます。
雨が多いとやっぱり軒は長くして雨を防ぎます。

こんな理屈を並べてみても
でもやっぱり
屋根の形に思いというものがいっぱい入り込むのではないでしょうか。

そうですね
きっと
私の中には茅葺きの古い民家が焼き付いているのだと思います。
そんなこんなで
夢の我が家の屋根はおにぎりの形です。
なんの変哲もないかもしれませんが
自分の中では納得のいく屋根なんです。


おきてがみ

 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

↑ソーシャルブックマーク登録ボタンです。


« 断熱の性能、暖房の方法、日射について夢の我が家はこう進めています。 | トップページ | 完成すると見えなくなる大切なところを作りあげるって楽しいことです。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの哲学 家って何?」カテゴリの記事

 ★夢の我が家です」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/50623302

この記事へのトラックバック一覧です: 納得のいく屋根の形で夢の我が家をつくります。:

« 断熱の性能、暖房の方法、日射について夢の我が家はこう進めています。 | トップページ | 完成すると見えなくなる大切なところを作りあげるって楽しいことです。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック