なかのひと


GoogleAnalytics


« ドイツ二日目の午後にたどり着いたマウルブロン修道院です。 | トップページ | ドイツ三日目朝の大聖堂とドナウ川です。 »

2010年5月29日 (土)

とても静かな修道院の中です。家もじつはこうなのでしょうか。

_min3353ドイツ二日目の午後にたどり着いたマウルブロン修道院、いよいよ修道院の中へ
外は賑わっていますが、様子ががらりと変って
すごい静かな感じになります。

入り口から入ってすぐの回廊です。

_min3342
 
 
中庭を囲んでいる回廊です。

_min3349
 
 
中庭はこうです。
入る前からどんな中庭があるだろうかと期待してました。
想像してたより緑が濃い感じです。

_min3353_2
 
 
中庭に向かって開いている窓と言ってもいいのでしょうね。

_min3381
 
 
窓を見上げてみます。

_min3390
 
 
石を加工して作ってあります。

_min3405
 
 
修道院内部のチャペルです。

_min3359
 
 
町と修道院との間にこんな窓

_min3415
 
 
また修道院をでると

_min3413
 
 
 
中世に建てられたマウルブロン修道院です。
ここで、生活をしながら
城壁を作って外敵を防ぎながら
沈黙と労働で奉仕して
外に出るとやっぱり人の賑わいと生活があります。
中世では今よりも外敵といった血の臭いが大きいと思うと
修道院の中の静けさが余計に想像されます。

修道院は内部空間につきるように思います。
家づくりも中の生活の部分が大きいです。
外敵から身を守ることに近いのかもしれません。
外からしっかり身を守られているから
寒い日でも暖かく
暑いときは涼しさを感じることができるから
安心して住まうことができるのかなと思ったりします。

明日はドナウ川沿いのウルムに出かけようと思います。


おきてがみ

 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

↑ソーシャルブックマーク登録ボタンです。


« ドイツ二日目の午後にたどり着いたマウルブロン修道院です。 | トップページ | ドイツ三日目朝の大聖堂とドナウ川です。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの哲学 家って何?」カテゴリの記事

 ●古い家,建築 家づくりの歴史」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/48480169

この記事へのトラックバック一覧です: とても静かな修道院の中です。家もじつはこうなのでしょうか。:

« ドイツ二日目の午後にたどり着いたマウルブロン修道院です。 | トップページ | ドイツ三日目朝の大聖堂とドナウ川です。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック