なかのひと


GoogleAnalytics


« 長期優良住宅ならではの玄関の格子戸です。 | トップページ | Q値は寒い日を基準にしてのお話です。 »

2010年4月11日 (日)

アルミ製サッシュの内側に障子を建てると断熱性を強化できます。

_min3016長期優良住宅はQ値が2.7以下の断熱性能が必要です。ガラスは熱を伝えやすいので、断熱を良くするには窓を小さくすればよいのですが、それでは家とはなりません。ではどうしたらいいでしょうか。

先ずは窓ガラスをペアガラスにする。
じつはこれだけではQ値を2.7以下にできません。
次に考えられるのはペアガラスに特殊な膜を作り
サッシュをプラスチックにすればなんとかなります。

けれど
家の中に工業的な材料を持ち込まないのが自然回帰の家です。
どうしたらいいでしょう。

その答えが
下の写真にある
今日まで見学会の朝霞の家の居間の窓と障子です。

_min2999_min3000
 
 
普通のペアガラスとアルミ製サッシュの内側に
障子を建てると窓の断熱性がグンとアップして
Q値を2.7以下にできます。

結局、昔ながらの家づくりの方法が現代でも息づいてるのです。


おきてがみ

 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

↑ソーシャルブックマーク登録ボタンです。


« 長期優良住宅ならではの玄関の格子戸です。 | トップページ | Q値は寒い日を基準にしてのお話です。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●長期優良住宅とは」カテゴリの記事

 ●家づくりの方法」カテゴリの記事

   ・建具」カテゴリの記事

   ・断熱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/48061594

この記事へのトラックバック一覧です: アルミ製サッシュの内側に障子を建てると断熱性を強化できます。:

« 長期優良住宅ならではの玄関の格子戸です。 | トップページ | Q値は寒い日を基準にしてのお話です。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック