なかのひと


GoogleAnalytics


« 断熱の良い家が夏に暖まってしまったら。。。。 | トップページ | 軒や庇を出して夏の日射しの遮り具合を説明できます。 »

2010年4月19日 (月)

夏は窓を開けて快適に暮らすのが、やはり家づくりだと思います。

_min3076夏も冬も省エネをしながら快適に暮らすことが現代の家づくりに求められています。断熱性能を極限まで高めると、窓は閉め切って高効率のエアコンで冷房をすれば夏でも気温だけは低くできます。外と家の中を完璧に切りはなす方が断熱の良い家にとっては都合がいいからです。疑問がわきませんか。

どんなときでも窓は閉めきりの方が省エネになるのですが
家での人の生活が思われていないようです。
この極めて断熱性の良い家で、風を通すべく窓を開けたら
夜になってもずっと昼間の温度が保たれしまいます。
やはり、不快ですよね。

ではどうしたら、
答えが
軒を出すことと
障子などで日射しをコントロールする
窓の外にすだれを吊して日射しをカットする
などが考えられます。

それでも断熱の良すぎる家は窓は開けない方が省エネです。
この家では
外の空気を入れるだけでも家の中の温度が夜になっても下がりません。
この点を改善するには
適度な断熱性なのではと思います。
Q値でいうなら2.5くらいが良いのでは思います。
そして、床が極端に冷たくない断熱をとおもいます。

省エネと快適性、どちらも大切なことです。
二つの大切なことに取り組む家づくりって素敵だと思いませんか。


おきてがみ

 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

↑ソーシャルブックマーク登録ボタンです。


« 断熱の良い家が夏に暖まってしまったら。。。。 | トップページ | 軒や庇を出して夏の日射しの遮り具合を説明できます。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●長期優良住宅とは」カテゴリの記事

 ●家づくりの方法」カテゴリの記事

   ・断熱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/48131334

この記事へのトラックバック一覧です: 夏は窓を開けて快適に暮らすのが、やはり家づくりだと思います。:

« 断熱の良い家が夏に暖まってしまったら。。。。 | トップページ | 軒や庇を出して夏の日射しの遮り具合を説明できます。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック