なかのひと


GoogleAnalytics


« 素敵なS女史にお会いしました。とっても嬉しいのでした。 | トップページ | 住まい観が揺り動かす単純な技術を用いる良質な住宅を求めて素直に実行したらいいと思います。 »

2009年11月20日 (金)

『住生活基本法』は当たり前!良質な住宅を!と思うのは家づくりの心です。

『住生活基本法』という法律があります。この法律が目指すのは、全ての基本となる住生活のための良質な住宅と環境と社会です。そんなの当たり前!なんでしょうけど、『住生活基本法』が制定・施行されたのは2006年です。それまでは、住宅をたくさんつくれ、たくさん儲かれ!でした。ビックリですよね。

この『住生活基本法』をもとにして
「長期優良住宅」の認定制度が始まりました。
この「長期優良住宅」の認定のためにはなんらかの規範が必要です。
その規範となっているのが住宅の性能表示です。
この住宅性能表示は
『住生活基本法』が制定される前
つまりはたくさん住宅をつくれ!という時代に作られた制度です。
たくさん作りたくさん儲けろのなかで、
いろんな不良住宅がつくられてしまいました。
そのなかで良質な住宅を見極めるための指標のはずでした。
その当時に問題を解決するためのものだったのですね。
それが今の「長期優良住宅」の認定のために生かされています。

私は民家とは、
「すぐに手にいる技術を用いる良質な住宅」だと思っています。
不良住宅という問題を解決するための制度が
生活の根本となる良質な住宅のために役にたっています。
法律や制度も、身近にあるものを上手に使えば現代の民家ができます。

家づくりでは時代の背景も無視できません。
けれども、
どこでもいつでも誰にとっても全ての基盤である住宅は
良質であるべきです。

ちょっと大上段に振りかざしすぎでしょうか。
そんなことないですよね。
家づくりの心ですからね。


おきてがみ

 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

↑ソーシャルブックマーク登録ボタンです。


« 素敵なS女史にお会いしました。とっても嬉しいのでした。 | トップページ | 住まい観が揺り動かす単純な技術を用いる良質な住宅を求めて素直に実行したらいいと思います。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの哲学 家って何?」カテゴリの記事

 ●長期優良住宅とは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/46813494

この記事へのトラックバック一覧です: 『住生活基本法』は当たり前!良質な住宅を!と思うのは家づくりの心です。:

« 素敵なS女史にお会いしました。とっても嬉しいのでした。 | トップページ | 住まい観が揺り動かす単純な技術を用いる良質な住宅を求めて素直に実行したらいいと思います。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック