なかのひと


GoogleAnalytics


« 家族を包み込むマユみたいな家づくりをしています。 | トップページ | センスだって磨ける。でもどうしたいかはっきりしていないと、なんにも見えないでしょう。 »

2009年9月 3日 (木)

200年前の安中藩武家屋敷を訪ねて「長期優良住宅」を思います。

_min7587_1393今日は代休をいただいてたっぷりと睡眠をとり安中まで出かけました。200年前の家を訪ねるためです。「長期優良住宅」へ長い時間の思いを馳せようと思ったからです。

これは安中藩下級武士の長屋です。
現代でいうならばサラリーマンの家でしょうか。

_min7566_1372
 
 
外から見た姿です。

_min7548_1354
 
 
こちらはこれよりかは格上の武士の住まいです。

_min7493_1299
 
 
どれも200年前の家なんですね。
 
 
屋根と緑がきれいでした。

_min7587_1393_2
 
 
きちんと手入れをすれば200年です。
もちろん合板や薬剤は使われていません。
れっきとした木造建築です。

けれど冬は寒いかもしれません。
ここも解決して長寿命なのが「長期優良住宅」です。
そして合板と薬剤を使わない木造の家が
「長期優良住宅先導的モデル チルチンびと・地域主義住宅」です。

古い時間に思いを馳せるのも家づくりです。


おきてがみ

 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

↑ソーシャルブックマーク登録ボタンです。

« 家族を包み込むマユみたいな家づくりをしています。 | トップページ | センスだって磨ける。でもどうしたいかはっきりしていないと、なんにも見えないでしょう。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●長期優良住宅とは」カテゴリの記事

 ●古い家,建築 家づくりの歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/46113734

この記事へのトラックバック一覧です: 200年前の安中藩武家屋敷を訪ねて「長期優良住宅」を思います。:

« 家族を包み込むマユみたいな家づくりをしています。 | トップページ | センスだって磨ける。でもどうしたいかはっきりしていないと、なんにも見えないでしょう。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック