なかのひと


GoogleAnalytics


« 「長期優良住宅」を思いつつ、やっぱり合板はいかんと思います。 | トップページ | 工事部長の森谷農園でとれたトマトが届いたので私はカメラで遊んで悦楽です。 »

2009年7月22日 (水)

壁の中で結露しないことが「長期優良住宅」が求める家の性能です。

_dsc3403_284現代の家は断熱材を壁や屋根、床下に入れます。いうまでもなく暖かく涼しい家をつくるためです。あともう一つ、生活する上での暖冷房エネルギーを小さくするためです。その指針が『住宅の省エネルギー基準の解説』です。じつはこれも「長期優良住宅」と関連してるんですね。

家に断熱材を入れると、
少なからず室内の気温と外気の温度に差ができます。
空気には水が含まれています。
このときの水は水蒸気となっていて空気と一体となっています。

ところが
空気と一緒になれる水の量は温度によって違います。
温度が高いほど多くの水を取り込み
低いと一体になれる水は少なくなります。
一緒になり切れない空気の中の水はどうなるかというと
「水」なります。
この現象が結露です。
冷蔵庫から出したコップに水滴がつく
冬場の窓ガラスの水滴がつくのが、結露です。

断熱をすると内と外で気温が違ってきます。
結露の可能性があるということです。
この結露が断熱材を入れている壁の中でおこったら
どうななるでしょう。

そうですね
壁の中が水でグチャグチャになってしまいます。

その結果どうなるでしょうか。
断熱材の性能が落ちます。
もう一つ、家の寿命が短くなります。

どちらも「長期優良住宅」が達成しようとする
長寿命と暖かい家の邪魔者になりますね。

だから
断熱をした家の壁の中で結露しないように努めなくてはなりません。

_dsc3403_284_2

その方向性が『住宅の省エネルギー基準の解説』に盛り込まれています。
ひっくり返して研究するべきことがらです。
家づくりのための技を磨くため、
こんなかたいのを開いて勉強という次第です。

でもご安心を!
断熱をしたら壁の中で結露するという問題は
家の構造を解きほぐし検討すると解決できることなんですね。

この安堵感も家づくりの幸せです。


おきてがみ

 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

↑ソーシャルブックマーク登録ボタンです。


« 「長期優良住宅」を思いつつ、やっぱり合板はいかんと思います。 | トップページ | 工事部長の森谷農園でとれたトマトが届いたので私はカメラで遊んで悦楽です。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●長期優良住宅とは」カテゴリの記事

 ●家づくりの方法」カテゴリの記事

   ・断熱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/45711666

この記事へのトラックバック一覧です: 壁の中で結露しないことが「長期優良住宅」が求める家の性能です。:

« 「長期優良住宅」を思いつつ、やっぱり合板はいかんと思います。 | トップページ | 工事部長の森谷農園でとれたトマトが届いたので私はカメラで遊んで悦楽です。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック