なかのひと


GoogleAnalytics


« 「長期優良住宅」について思ったりはっきりしたことを書いて、いっしょに家づくりの未来を思えたら幸せです。 | トップページ | 「長期優良住宅」に関われるのって、ほんとに幸せです。 »

2009年7月 2日 (木)

「長期優良住宅」と「食寝分離論」がくっつきながら歩きます。

_dsc2516チルチンびとで「長期優良住宅」の講習会です。スケジュールも技術的な要求も高いレベルです。なんとかしようと意気が上がります。講習が終わっても、家のことをやっぱり思います。

講習会を終わり、神田の書店街で
前々から欲しかった『西山卯三著作集』を見つけたので買ってしまいました。
 
 
_dsc2516_3
 
 
西山卯三は、
「食べるところ」と「寝るところ」は
それぞれ別にするのが人の欲求だと示します。

部屋が二室だったら
たとえ4畳半に5人が寝ようとも
食事室は常に空いているように人は生活するものと論じます。
「食寝分離論」といわれます。

食べることも寝ることも人の生活の第一歩です。
もっとも大切なことだから、
この二つは切り離すべく、人は家をつくろうとしています。

実際の家づくりでも無意識に近いかもしれませんが
食べる場所を真さっきに考えます。
そして、どのようにしても寝室は必ずあります。
居間と寝室がいっしょになるとしても
食事をとるところだけは、確保しようとしています。
食べるためのテーブルだけは、同じ場所にあるように。
こんな感じです。

暮らしが理想になるように工夫するのが家づくりです。
そして
作り上げた家が長く持って、快適になるようにしようというのが
「長期優良住宅」です。

どうでもいいのですが、写真はNikonD700で撮影したものです。
  

おきてがみ

 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

↑ソーシャルブックマーク登録ボタンです。


« 「長期優良住宅」について思ったりはっきりしたことを書いて、いっしょに家づくりの未来を思えたら幸せです。 | トップページ | 「長期優良住宅」に関われるのって、ほんとに幸せです。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの哲学 家って何?」カテゴリの記事

 ●長期優良住宅とは」カテゴリの記事

●本 家づくりの現場から」カテゴリの記事

  * 建築の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/45518658

この記事へのトラックバック一覧です: 「長期優良住宅」と「食寝分離論」がくっつきながら歩きます。:

« 「長期優良住宅」について思ったりはっきりしたことを書いて、いっしょに家づくりの未来を思えたら幸せです。 | トップページ | 「長期優良住宅」に関われるのって、ほんとに幸せです。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック