なかのひと


GoogleAnalytics


« お客さんの夢を受け止められるように家づくりの品質を高めなくてはいけません。 | トップページ | 島耕作になれって喝!をいれられました。 »

2009年3月30日 (月)

屋根を考えながらのんびりとすごす休日です。

P1020833今日は代休です。朝起きてみると天気も良かったですね。
はたと思い立って東京都清瀬市まで左の民家を見に出かけました。しかし、閉館中でした。左の写真は門の隙間から撮ったものです。

やはりきちんと下調べをしてから出かけるべきです。
でも、遠くからでも屋根の姿は見ることができました。
軽快な感じがします。
おにぎりのような三角の屋根とはまた違った印象ですね。
武蔵野の民家の形を代表するもののようです。

P1020833_2

現代の家ではなかなか美しい形の屋根がむつかしい。
ほとんどの家が2階であったりするからでしょうか。
それに加えて、軒を長く出しにくいからでしょうか。
屋根は、雨から人の生活をしっかりと守り抜くシェルターです。
家づくりにとっては最も基本的なところです。
この屋根をやはり美しくしたいですね。

今日はこんなことを考え、のんびりとすごしました。
 
 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

↑ソーシャルブックマーク登録ボタンです。


« お客さんの夢を受け止められるように家づくりの品質を高めなくてはいけません。 | トップページ | 島耕作になれって喝!をいれられました。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●古い家,建築 家づくりの歴史」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
懐かしい家ですね。
σ( ̄∇ ̄;)ミィが子供の頃には、ここいらには藁葺きの屋根の家が何軒かありましたよ。
あの時代はのんびりしていたような気がします。
こういう家をみながら のんびり過ごすのも良いですね^^

ユージさん こんばんは
たぶん同世代だと思いますが、ユージさんは清瀬市あたりの出身ですか。私は宮崎県の生まれです。
田舎が今だから懐かしいです。
先週はのんびりともいきませんでしたが、心だけは豊かにいこうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/44513923

この記事へのトラックバック一覧です: 屋根を考えながらのんびりとすごす休日です。:

« お客さんの夢を受け止められるように家づくりの品質を高めなくてはいけません。 | トップページ | 島耕作になれって喝!をいれられました。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック