なかのひと


GoogleAnalytics


« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の24件の記事

2009年3月30日 (月)

屋根を考えながらのんびりとすごす休日です。

P1020833今日は代休です。朝起きてみると天気も良かったですね。
はたと思い立って東京都清瀬市まで左の民家を見に出かけました。しかし、閉館中でした。左の写真は門の隙間から撮ったものです。

続きを読む " 屋根を考えながらのんびりとすごす休日です。" »

2009年3月29日 (日)

お客さんの夢を受け止められるように家づくりの品質を高めなくてはいけません。

P1020758_2昨日、今日と埼玉県白岡町で完成した家の見学会でした。ほんとに大盛況でした。そのせいか今日の夕方近くでは家に帰られるかしらと不安がよぎるくらいにフラフラです。埼玉県での見学会に国立市や千葉県や川崎市からもお越しいただきました。真剣に家づくりをお考えなのです。

続きを読む "お客さんの夢を受け止められるように家づくりの品質を高めなくてはいけません。" »

2009年3月27日 (金)

恥ずかしいですが『リーダーの教科書』で勉強しています。

001少し恥ずかしいのだけれど、最近左の本を読んでいます。『伝説の外資トップが説く リーダーの教科書』を帰宅したら、教科書とあるように勉強のようですが、むさぼるような感じです。もちろん家づくりの技術や家のデザインなども勉強するべきですね。技術やデザインは学校でも勉強できることです。それよりも今は「チームをひっぱていくには自分がどうなれば」との思いが強いからです。

続きを読む "恥ずかしいですが『リーダーの教科書』で勉強しています。" »

2009年3月26日 (木)

感謝があるから素敵な手づくり木の家ができます。

P1020688_2今週末3月28日・29日の現場見学会をする家の夕景です。床も壁も天井も自然素材の家です。家中が自然の素材です。ですから照明器具もプラスチックを嫌いました。照明器具の傘はガラスや和紙のものを撰び、ほとんどが白熱灯です。

続きを読む "感謝があるから素敵な手づくり木の家ができます。" »

2009年3月25日 (水)

義務的な学習は疲れます。けれど必要です。でも自主的な鍛錬のほうがもっと素敵です。

今日は朝から夕方まで缶詰です。会議室に缶詰です。狭い席でお勉強です。疲れてしまいます。講習に終わりには講習を理解したのか確かめるための試験付きです。今日のは建築士の指定定期講習という法律で定められているものです。目的は建築士の技能や職業倫理を世の人が求めている水準以上に保つためです。

続きを読む "義務的な学習は疲れます。けれど必要です。でも自主的な鍛錬のほうがもっと素敵です。" »

2009年3月24日 (火)

強い心から始まる幸せな家づくりをICHIROから感じます。

WBC(ワールドベースボールクラシック)決勝戦で侍JAPANが勝利ですね。ICHIROの勝利の一打で延長戦を制したんですね。ICHIROが格好良すぎです。今まで打てていなくて、最後の最後の正念場で打ってしまうんですからね。いい試合でした。見ていて思わず声を上げてしまいます。

続きを読む "強い心から始まる幸せな家づくりをICHIROから感じます。" »

2009年3月23日 (月)

考えて決断することが、即ち夢を形にする力です。

家づくりを進めるときには、どうしてもお金の話が必要です。このお金の話にはいろんなパターンがあります。家の値段だけをみて安価な方を撰ぶ。お値段のことを、よりしつこく考えなくてはならない。予算と家の性能・住み心地・デザインなどを引き比べる。納得のいく家にするためにお金を使う。といろんな形がありますね。

続きを読む "考えて決断することが、即ち夢を形にする力です。" »

2009年3月22日 (日)

壁に家族の手形を残せるのも手づくりの家づくりだからです。

P1020686朝は船橋に、昼過ぎには松戸で、夕方に建築中の現場へ行き、打合せをしました。建築中の家は塗り壁です。そこで壁にお客さんの手形を残せないかと、職人さんにお願いをして、左の手形を残すことができました。今日あらためて見たのですが、何だかほほえましいですよね。

続きを読む "壁に家族の手形を残せるのも手づくりの家づくりだからです。" »

2009年3月21日 (土)

正反対の二人がいるからチームとして協調できるのでしょうか。

昨日のつぶやきのようなブログにまで、コメントをもらえました。嬉しいことです。これだからブログは楽しくてやめられません。ところで、モルトケと同時代の人は鉄血宰相と呼ばれた『ビスマルク』です。このビスマルクとモルトケは性格も振る舞いも正反対のようです。
ビスマルクは大男で大食漢でおしゃべり、しかも朝寝坊でした。
一方のモルトケは細身で小食、無口です。

続きを読む "正反対の二人がいるからチームとして協調できるのでしょうか。" »

2009年3月20日 (金)

モルトケのような人物になりたいから、モルトケの書いたものを読んでいるのだと思います。

《優秀な頭脳ではなく、卓越した性格がより重きをなす。》
《強固な決心と簡明直截な構想を一貫して遂行することが、目標に到る最も確実な道である。》
    (片岡鉄也編著『戦略論大系〈3〉モルトケ』P153より)
最近折に触れて目を落としているモルトケという軍人が書いたものです。

続きを読む "モルトケのような人物になりたいから、モルトケの書いたものを読んでいるのだと思います。" »

2009年3月18日 (水)

家づくりのイベント『ちば祭り』。今月末です。

_sいよいよ慣れ親しんできた自然回帰の家モデルハウスも今月いっぱいで閉館です。
お別れのためのイベントで今週末から月末まで盛り上がる予定です。
最終日は『ちば祭り』です。ふるってご参加ください。クイズをあてると素敵なこと!たくさん用意されています。

続きを読む "家づくりのイベント『ちば祭り』。今月末です。" »

2009年3月17日 (火)

現代の家づくり、やっぱり忘れてはいけません。

P1020613モデルハウスで打合せです。どうしても土の壁をとおっしゃいます。ところでモデルハウスの現在の所有者は自然回帰の家で泥壁塗りの納屋を改修しています。そういえばと思い出すことしきりです。それで打合せを終えて、その納屋を見せていただきました。

続きを読む "現代の家づくり、やっぱり忘れてはいけません。" »

2009年3月16日 (月)

年輪から建築年代がわかるようです。

昨日、NHKスペシャルを見ていました。現法隆寺の前身である若草伽藍は火災で消失しました。ところが、本尊と救世観音からは火災の跡が見られません。この不思議を解き明かすために調査が行われました。最新の調査結果は、法隆寺金堂が若草伽藍消失前から存在していたことを示します。

続きを読む "年輪から建築年代がわかるようです。" »

2009年3月15日 (日)

ホワイトデーのブルーベリーのタルトが食べ頃の甘さでした。

P1020609昨日は3月14日。現場でお客さんが壁に手形を残し、日付まで入れました。その日付を見てはたと気づいたのでした。そうですね。ホワイトデーです。そこで帰宅途中にフルーツが一杯のったタルトを買って帰ったしだいです。

続きを読む "ホワイトデーのブルーベリーのタルトが食べ頃の甘さでした。" »

2009年3月14日 (土)

ノミをふるっている大工さんが活躍する家づくりの風景です。

P1020563_5今日の午後、自然回帰の家の現場でお客さんと打合せでした。そのときに大工さんが神棚をつくっていました。ノミをふるって神棚の柱の受けを彫っているところです。
 

続きを読む "ノミをふるっている大工さんが活躍する家づくりの風景です。" »

2009年3月13日 (金)

ぽってり穏やかな家づくりでいたいですね。

P1020517_s自然回帰の家モデルハウスももう少しで閉館となります。今日はそのモデルハウスで家づくりの打合せでした。
打合せの終わる頃、お客さんが「杏子の花が咲いてるわね」と優しい一言でした。

続きを読む "ぽってり穏やかな家づくりでいたいですね。" »

2009年3月12日 (木)

豊かな心の上に家づくりの技術を積み上げようと思うのです。

今日の学びです。
《これからのべてみようとするのは、中世のある小さな荘園ー若狭国太良壮(現在小浜市太良圧)を舞台に生きた人々の歴史である。ほかの多くの荘園と同様、この荘園も中世を通じて歴史の本舞台となることはなかった。ーー中略ーー
 しかし、この人たちもまた、それぞれそれなりの課題を担って生きていた。そして、その解決のための格闘は、小さいながら社会を動かす力となり、日本の中世史の一こまをつくり上げていったはずである。》
     (『網野善彦著作集〈第1巻〉中世荘園の様相』P3より)

続きを読む "豊かな心の上に家づくりの技術を積み上げようと思うのです。" »

2009年3月10日 (火)

手づくり木の家だからこそ多くの職人さんが係わる家づくりなのです。

Photo今日は夕刻より千葉工務店安全大会でした。安全大会というのは「自然回帰の家」をつくっている社員と協力いただいている多くの職人さんが一同に集まり、『さあこれからも安全に気をつけて家づくりをしていこう!』という大会です。手作りの木の家・「自然回帰の家」は多くの職人さんが参加しないと出来上がりません。

続きを読む "手づくり木の家だからこそ多くの職人さんが係わる家づくりなのです。" »

2009年3月 9日 (月)

家づくりの現場を少し離れて建具屋さんの紹介です。

P1020403_3お客さんとの打合せの途中に自然回帰の家の家の建具をつくっている長谷川建具さんにお邪魔したら、こんな立派な門の引き戸を見せられました。手づくりの木の家「自然回帰の家」の大切な建具の紹介です。

続きを読む "家づくりの現場を少し離れて建具屋さんの紹介です。" »

2009年3月 6日 (金)

家づくりの政治目標とはなんでしょうか。

Moltke誉れある軍人の論文は家づくりとはあまり関係ないと思われるでしょう。私にとっては毎日仕事をしていく糧となりえるように思います。もう少しだけモルトケの話をさせください。
《政治が賢明であれば欲望に振り回されることなく、必要不可欠の目的に勢力を配分するものである。》
(片岡鉄也編著『戦略論大系〈3〉モルトケ』P45より

続きを読む "家づくりの政治目標とはなんでしょうか。" »

2009年3月 5日 (木)

家づくり真っ最中。大工さんの工事が終わり自然のオイルが塗られたばかりです。

Photo3月28日・29日に見学会を行う家に打合せがありましたので行ってきました。もう大工さんの工事は終わり、木部への自然塗料のオイルが塗られたばかりです。まだまだ家づくりの途中ですが、完成する前に少しだけお披露目です。

続きを読む "家づくり真っ最中。大工さんの工事が終わり自然のオイルが塗られたばかりです。" »

2009年3月 4日 (水)

家づくりで大切にしたいところは見えなくなるところです。その一つ階段の裏側を紹介します。

P1020365_4自然回帰の家で階段がかかりました。先日ブログにアップした大工さんが加工をしていた階段です。出来上がった表側から見ると「綺麗ね」「素敵」とかの褒め言葉が浮かびますね。けれど、感激してもらうには、見えなくなるところや、見えない部分の作業が大切だと思います。

続きを読む "家づくりで大切にしたいところは見えなくなるところです。その一つ階段の裏側を紹介します。" »

2009年3月 2日 (月)

季節が移るときの薫りを感じる豊かな心を助けるのも家づくりです。

もう3月になりました。早いものでもうじき春です。
  石(いは)ばしる垂水(たるみ)の上の早蕨(さわらび)の
   萌え出づる春になりにけるかも

続きを読む "季節が移るときの薫りを感じる豊かな心を助けるのも家づくりです。" »

2009年3月 1日 (日)

過酷な状況という重圧の下、行動をすることが家づくりの仕事を全うすることですね。

04_01青梅に行き茅葺きの民家を見てきました。帰りに衝撃を受ける言葉に出会います。

《知識を実際の生活へと適用することが戦略である。
絶えざる状況の変化に応じて、元来の主題は補修が重ねられていく。戦略は過酷な状況という重圧の下、行動をする術である。》
 (片岡鉄也編著『戦略論大系3モルトケ』P15より)

続きを読む "過酷な状況という重圧の下、行動をすることが家づくりの仕事を全うすることですね。" »

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック