なかのひと


GoogleAnalytics


« 夫と妻の中を取り持ち手づくり木の家でなぐさめられれば最高です。 | トップページ | 千葉ギャルズのお誕生日のケーキです。これも一つの家づくりのシーンです。 »

2009年2月24日 (火)

家づくりはチームだし、 苦労があっても 罵声が飛び交っても 楽しいものです。

行き詰まったときや、反省するときや、明日を思うときに開いて観るものがあります。今日は『司馬法』を開いて観ました。武経七書といわれる兵書の古典の一つです。家づくりはチームでやるものですからこんなことも欠かせません。

帰宅後、ぱっと開いたところに

 《兵、雑(まじ)えざれば、即ち利ならず。
   (武器は、様々な用途のものを取り混ぜて
    使わなければ実戦の役に立たない。)》
     (『全訳武経七書・司馬法・尉繚子・李衛公門対』P48より)

つまりは、いろんな個性が混じり合わないと、実際の役には立ちません。
と、いうことです。

家づくりでは
営業が一人で電話したり訪問したりガツガツ行動するだけでは
やはり限度があります。
優秀でデザインのセンスもピカイチでも、
目の前にお客さんがいなければその才能はないのも同じです。
技が優れ、いかなる難題にも取り組む職人であっても、
実際の現場がなければそれまでの修練を披露できません。
経理の事務でも、入ってくるお金と出て行くお金がなければ必要ありません。
総務といってもいろんなことに係わる人がいなければ、これまた無用です。

このように、家づくりはチームなんだと思います。
手作り木の家はいろんな職人さんが活躍します。
それには技のある設計や経理や総務の人が必要です。
お客さんにはこんな奥のことはわかりませんから、
これを噛み砕いて話をしていく営業がいます。

だから、
家づくりってチームだし、
苦労があっても
罵声が飛び交っても
楽しいものなのです。
 
 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

↑ソーシャルブックマーク登録ボタンです。


« 夫と妻の中を取り持ち手づくり木の家でなぐさめられれば最高です。 | トップページ | 千葉ギャルズのお誕生日のケーキです。これも一つの家づくりのシーンです。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

●本 家づくりの現場から」カテゴリの記事

  * 私の古典」カテゴリの記事

  *思想、哲学」カテゴリの記事

  *自己啓発」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
これは、いろんな業種で言える事でしょうね~
大事な事と思います!

桧原さん こんばんは
そうですよね
ホントに大事なことですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/44166597

この記事へのトラックバック一覧です: 家づくりはチームだし、 苦労があっても 罵声が飛び交っても 楽しいものです。:

« 夫と妻の中を取り持ち手づくり木の家でなぐさめられれば最高です。 | トップページ | 千葉ギャルズのお誕生日のケーキです。これも一つの家づくりのシーンです。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック