なかのひと


GoogleAnalytics


« 『メジャー』を見て。。。真面目な地盤調査のお話は明日にします。 | トップページ | 「風神雷神図」をみながら家づくりでも楽しんじゃえ!と思うのです。 »

2008年11月 1日 (土)

「地盤の模式図」から家を建てたときの地盤沈下量を推定します。

001_5昨日のお約束ですから、今日は真面目な家づくりの話です。
一昨日の記事で紹介した地盤の報告書から地盤改良の必要性について考えてみます。

 
地盤改良の報告書を見ていただきましょう。

001_2

上の報告書の中で、自沈と書いてあるところを見てください。
赤で囲った「自沈している層」の部分です。
この地盤の場合は、地表近くにだけ自沈する層があります。
 
 
次にこれから地盤の模式図を書いてみます。

001_3

家を建てて沈下する量は基礎の下から5mの深さまでです。
報告書から自沈層は1mですね。絵に描いてみます。

これをみると、自沈する層は基礎下2mまでの間に1m、
2〜5mにはありません。
これから地面が沈下する量を推定します。

001_4

上のグラフを読み取って推定します。
自沈する厚さが1mなので、横軸の1mから上にみて
グラフ線から交差したら左に行って読むと4.5cm。
よって家が4.5cm沈下すると推定できます。

地盤改良が必要かどうかの境は3cmと考えていますので、
「地盤改良が必要」と判断しました。
 
 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

↑ソーシャルブックマーク登録ボタンです。


« 『メジャー』を見て。。。真面目な地盤調査のお話は明日にします。 | トップページ | 「風神雷神図」をみながら家づくりでも楽しんじゃえ!と思うのです。 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの方法」カテゴリの記事

   ・基礎、地盤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/42976491

この記事へのトラックバック一覧です: 「地盤の模式図」から家を建てたときの地盤沈下量を推定します。:

« 『メジャー』を見て。。。真面目な地盤調査のお話は明日にします。 | トップページ | 「風神雷神図」をみながら家づくりでも楽しんじゃえ!と思うのです。 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック