なかのひと


GoogleAnalytics


« 瓦を葺く直前の大事な工事があります | トップページ | 大正時代の和の住宅「旧朝倉邸」を訪ねました »

2008年10月17日 (金)

「月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ」はおいといてメルマガもよろしくお願いします

もう秋でついこの間は十五夜でした。
で、なんとなく感傷的にもなります。

  月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ
   わが身ひとつの 秋にはあらねど

と、大江千里は歌いました。
これは古今和歌集にあり百人一首の一つです。

 
難しいことを言えば白居易の
 「燕子楼(えんしろう)の中(うち)の霜月(さうげつ)の夜(よ)
  秋(あき)来(きた)りては
  ただ一人(いちにん)のために長(なが)し」
を踏まえて歌ったのだとか。

まあ、どうでもいいのだろうとは思います。

ただ月を思うことを感じればいいのなかな。
十五夜のお月様を見たいから、今日だけは雲がかからないようにと
心に思う事ができるのが素敵なことだったりしますよね。

単純な気持のいったりきたりです。
 
 
そういえば、「まぐまぐ!」によるメールマガジンの準備中で、
内容などの審査の結果、はれて発行する運びとなりました。

「家作りで幸せになろう〜家作りは夢作り〜」
「一級建築士たつろうが読んで面白かった本のこと」
の二誌をこれから発行します。

まぐまぐ!では第二号から正式な配信となり、
「家作りで幸せになろう〜家作りは夢作り〜」
は毎日曜日に
「一級建築士たつろうが読んで面白かった本のこと」
は隔週発行していきます。

Yahooでは
「一級建築士たつろうがお届けする家作りの本」
の第一号を発行しました。

これらのメールマガジンも、よろしければお読みくださいませ。

最後に宣伝になってしまいました。
ときにはこんなことも、、、お許しくださいませ。
 
 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。

WebPhoto←はweb拍手ボタンです。クリックして拍手と声援を下さいね。



 
 
 
千葉工務店/「自然回帰の家」は ← ここをクリック
Banner_02_66   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。
★コメントはスパム防止のため、一旦公開を保留させていただいております。ご了承くださいませ。

WebPhoto←はweb拍手ボタンです。クリックして拍手と声援を下さいね。


« 瓦を葺く直前の大事な工事があります | トップページ | 大正時代の和の住宅「旧朝倉邸」を訪ねました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
私も外に出た時に
月が出ていると
おー・・お月さんと
眺めます。
場所によっては
見え方もかわりますね!

桧原湖北部之公一さん おはようございます
月がきれいに見えると、ほんとに嬉しいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/42820082

この記事へのトラックバック一覧です: 「月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ」はおいといてメルマガもよろしくお願いします:

« 瓦を葺く直前の大事な工事があります | トップページ | 大正時代の和の住宅「旧朝倉邸」を訪ねました »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック