なかのひと


GoogleAnalytics


« 『住宅市場動向調査』を読んで日頃の言動が大事だと思いました | トップページ | 生まれたばかりの自然回帰の家の紹介です »

2008年8月 8日 (金)

体で感じる快適は『住宅市場動向調査』ではどのような結果なのでしょうか

国土交通省から公表されている『平成19年度住宅市場動向調査報告書』について、3回目です。
その前に今日は、八月八日の末広がりで六曜でも友引でホントに良い日なので、地鎮祭を執り行いました。

地鎮祭の後にお客さんとお話をしていましたら

「今の家はずいぶんと断熱の性能が良くなってますね」
「でも、体で感じる快適はまた別の問題ですよね」
と、そつなくというか、静かにおっしゃられました。
     続きはクリックして。。。。

たつろうは、そこまで真剣に考えての、断熱へのこだわりだったなだと感じるのでした。
やはり、
お客さんは我々が考えているより深く考えてられてるようです。

『平成19年度住宅市場動向調査報告書』の「今回の住宅に決めた理由(設備ついて)」をみると

調査結果の全国平均が
12

下は首都圏での調査結果
13

住宅を決めた理由の中で多い回答が「高気密・高断熱住宅だから」です。
全国平均で 54.9パーセント、首都圏では 51.4パーセントにもなります。
約半数の人が「高気密・高断熱」を住宅を選んだ理由に上げています。

でも、このまま、あ!そうね! と受け取っていいのか疑問です。
というのは、いわゆる高気密高断熱の家に入ってみて、あまりに空気が乾きすぎて喉が痛くなって、直ぐに家を出たくなった、との経験があるからです。
だから
断熱の性能 イコール 快適な体感 とはいえないと思うのです。

普段からこんなふうに思っていたら、
今日地鎮祭を行ったお客さんから
「今の家はずいぶんと断熱の性能が良くなってますね」
「でも、体で感じる快適はまた別の問題ですよね」
との発言を耳にしました。

断熱に性能を上げれば、少ないエネルギーで冷暖房が出来ます。
あくまでも少ないエネルギーで冷暖房が出来る、といえるだけで、
必ずしも人が快適と感じるかというと、これはまた別の要因が絡んできます。
ここのところは、お客さんはとっくに気づいています。
作り手は、世の中が高気密・高断熱というから、そうすれば売れるから、とこんな感も否めません。
お客さんは、こんな点もお見通しです。
より多く売りたいがための、住宅の性能をいってるだけじゃ?と、
こんな目なのでは思います。

決して調査結果にある字義通りの「高気密・高断熱」ではなく、
気持ちの良い家を求められています。
そして、この快適な家を少ないエネルギーというのが時代の要請で、お客さんの思いでもあると思っています。
 
 
 
Iwiltry_1Photo_3
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
★コメントはスパム防止のため、一旦公開を保留させていただいております。ご了承くださいませ。

WebPhoto←はweb拍手ボタンです。クリックして拍手と声援を下さいね。


« 『住宅市場動向調査』を読んで日頃の言動が大事だと思いました | トップページ | 生まれたばかりの自然回帰の家の紹介です »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの方法」カテゴリの記事

   ・断熱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/42108640

この記事へのトラックバック一覧です: 体で感じる快適は『住宅市場動向調査』ではどのような結果なのでしょうか:

« 『住宅市場動向調査』を読んで日頃の言動が大事だと思いました | トップページ | 生まれたばかりの自然回帰の家の紹介です »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック