なかのひと


GoogleAnalytics


« 水を感じながら涼むのも素敵と思います | トップページ | 水はなくとも涼しくなるように工夫をしましょう »

2008年8月13日 (水)

水との語らいを現代でも試みたいですね

Times001暑い日が続くのでなるべく涼しくなるような題で書いていますが、前回までは過去の古いもの、です。

現代の建築は、水との語らいを止めたのでしょうか。

どっこい、左は安藤忠雄設計の建築です。

 
これは、川越しに見る正面ファサードです。
川との接するようにエントランスがあります。

Times001_2
 
 
道路からのエントランスです。
川面に近づく為に、
わざわざ、いったん下に降りるんですね。

Times002

家そのもの、家の室内環境だけで全てを考えるのではなく
廻りの環境も思いたいですね。
こんな暑い日でも廻りと関係することで涼しさを感じる方法は
いっぱいありますね。
それは現代にも息づいています。
 
 
 
Iwiltry_1Photo_3
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
★コメントはスパム防止のため、一旦公開を保留させていただいております。ご了承くださいませ。

WebPhoto←はweb拍手ボタンです。クリックして拍手と声援を下さいね。


« 水を感じながら涼むのも素敵と思います | トップページ | 水はなくとも涼しくなるように工夫をしましょう »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

●写真」カテゴリの記事

コメント

水じまい・・・そんなことを考えていては駄目ですね。でも最近のゲリラ雨で川が氾濫したら・・・そんなことを考える人は建築を語れないですね。

ヴェネチアみたいな風景ですね。
水が近いと涼しく感じるので風情が漂います。
でも私もgonsukeさん同様、水じまいが気になるなぁ。

gonsukeさん こんばんは

あ そうか ゲリラ雨か。。。。
由々しき問題ですね。
でも、そこは工夫かな。。。
何でもかんでも、護岸とか貯水とか。。。工学技術でなんとかしようなんて、しっぺがえしですね。

ビルダーナースさん こんばんは

水が近いと何故だか涼しくなりますよね。
水は大事ですが、浸水とか雨漏りとか、やはり気になります。
でも、そこは、工夫があるやもしれません。

ここはだいぶ役所ともめたみたいですね
天保山でももめたみたいだけど、自分の考えを貫き通す安藤先生のパワーはすごいものありますよね

ただ、中の店がイマイチ元気がないのが残念ですよね
北山のもそうだけど、安藤先生の建物の中で商売するのって意外と難しいのですかね

クマさん お久しぶりです。

また遊びに来て下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/42158133

この記事へのトラックバック一覧です: 水との語らいを現代でも試みたいですね:

« 水を感じながら涼むのも素敵と思います | トップページ | 水はなくとも涼しくなるように工夫をしましょう »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック