なかのひと


GoogleAnalytics


« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の21件の記事

2008年8月31日 (日)

樹齢による年輪の違いを確かめてください

60左の写真は自然回帰の家で使っている柱です。
左のものは樹齢60年 杉の柱です。
樹齢がどんなに大事なのかが、
今日のお話です。

続きを読む "樹齢による年輪の違いを確かめてください" »

2008年8月30日 (土)

プロフィールその5

プロフィールの記事が滞っていましたので今日はプロフィールの最新です。
設計事務所で働いていたたつろうでしたが、
いつしか住宅を作りたいとの強い思いに駆られるようになります。
もっとも当時は木の家ではなく、鉄筋コンクリートによる集合住宅、鉄骨造による小さな家が仕事の上での経験です。これとは別に古い建築物にも憧れをもっていました。
この憧れは今も変わりません。
そんなころ建築家で画家の鈴木喜一氏主宰による「神楽坂建築塾」での薫陶になります。

続きを読む "プロフィールその5" »

2008年8月29日 (金)

丸太の梁を作業場から中継します

Photo今日は作業場からの報告です。
自然回帰の家では、よく丸太の梁を使います。

今日も作業場で大工さんが丸太の加工をしています。

では、デジカメを持って作業場に行ってみましょう。

続きを読む "丸太の梁を作業場から中継します" »

2008年8月27日 (水)

デジカメで建具の写真をアップします

P1000110s

こんばんは。
今日はお休みでしたので、
かねてより思いあぐねていたコンパクトデジカメを購入し、早速ブログに使ってみます。
左は我が家の居間への入り口のドアです。
左が「框戸」。右が「フラッシュ」。

続きを読む "デジカメで建具の写真をアップします" »

2008年8月26日 (火)

写真をもっとアップしたいなと思いたっています

家作りの要点が3点あります。
 ●どんな家 住むということのへのイメージ
 ●どう作る 誰とつくる
 ●どれくらいで作る 家の値段
この3点です。

続きを読む "写真をもっとアップしたいなと思いたっています" »

2008年8月25日 (月)

『奇跡のリンゴ』を読んだ後のとんでもない感激を書き留めます

002昨日も書きましたが、
奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家木村秋則の記録
を読み終えました。

なんていったらいいのでしょう。
感動ものといっても伝わらないかな。
けど、
ブログに書き留めることにします。
ホントにホントに感激です。

続きを読む "『奇跡のリンゴ』を読んだ後のとんでもない感激を書き留めます" »

2008年8月24日 (日)

『奇跡のリンゴ』まさしく奇跡だけれど夢や感動がいっぱいです

さっき『奇跡のリンゴ』を読み終えまして、なにか書こうと思ってMACの前に座ったのですが、さてなにからと思っているところです。とにかくバカになって夢中にやってたんですね。無農薬のリンゴを育てしまった『奇跡のリンゴ』のヒーローの木村さんです。

続きを読む "『奇跡のリンゴ』まさしく奇跡だけれど夢や感動がいっぱいです" »

2008年8月23日 (土)

『坂の上の雲』を読むと、個の連綿とした工夫が大事だと思うのです。

お盆休みの終盤から読み始めた『坂の上の雲』を読み終わりました。『坂の上の雲』は日露戦争を軸にして明治の頃の人びとの雰囲気や、なにを考え行動したかのかの時代劇です。
小さい国だった日本が強大な国力のロシアに勝ってしまった。
こうなった理由はなんなのだろう。
その後の特に昭和期の日本の悲劇とはなんなのだ、というのが主題ですかね。

続きを読む "『坂の上の雲』を読むと、個の連綿とした工夫が大事だと思うのです。" »

2008年8月21日 (木)

ソフトボールも『奇跡のリンゴ』も感動ものです。

さっきソフトボール日本チームが金メダルを獲得しました。勝つも負けるも、成功するも失敗も、ほんとに紙一重なんですね。これもすごい事件なんですが、さらに感激しそうな物語があるかもしれません。

続きを読む "ソフトボールも『奇跡のリンゴ』も感動ものです。" »

2008年8月20日 (水)

ウツボカズラのような食虫植物が流行ってるんですね

お盆をいいことにブログまで休んでいたら、ブログランキングが100位。今の世では常に情報発信し、常に精進しないといけないようです。だからなのか、思いもよらないものが流行っていたりするんですね。

続きを読む "ウツボカズラのような食虫植物が流行ってるんですね" »

2008年8月19日 (火)

『坂の上の雲』を読み自らの行動や学びが大切だとあらためて思います。

お盆休みも今日までです。
お盆の間は日本近代についてなんだか追っかけたくて読み飛ばしておりました。
その中、やはり司馬遼太郎『坂の上の雲』に行き着きます。

《小さな。
といえば、
明治初年の日本ほど小さな国はなかったであろう。

続きを読む "『坂の上の雲』を読み自らの行動や学びが大切だとあらためて思います。" »

2008年8月14日 (木)

水はなくとも涼しくなるように工夫をしましょう

005実際の水がないと、涼しくないかというと、
そうでもありません。

左は大仙院の書院の間の庭。
枯山水の庭です。

続きを読む "水はなくとも涼しくなるように工夫をしましょう" »

2008年8月13日 (水)

水との語らいを現代でも試みたいですね

Times001暑い日が続くのでなるべく涼しくなるような題で書いていますが、前回までは過去の古いもの、です。

現代の建築は、水との語らいを止めたのでしょうか。

どっこい、左は安藤忠雄設計の建築です。

続きを読む "水との語らいを現代でも試みたいですね" »

2008年8月12日 (火)

水を感じながら涼むのも素敵と思います

001今日もムシムシ暑い日でした。
こんな時は日射しを遮り
さらに水の気配が欲しいですね。

続きを読む "水を感じながら涼むのも素敵と思います" »

2008年8月11日 (月)

少しでも涼しくなるように、深い軒の画像を探しました

004今日も暑いです。
少しは涼しさをと思い、
スライドボックスからポジフィルムを引っ張り出して、
スキャンした画像です。

続きを読む "少しでも涼しくなるように、深い軒の画像を探しました" »

2008年8月10日 (日)

モデルハウスの湿度は55パーセントでした

Image144_2今日は終日モデルハウスです。
朝一番にモデルハウスについて、今日の湿度はと思い、見てみると
55パーセントです。
左がその湿度計です。

続きを読む "モデルハウスの湿度は55パーセントでした" »

2008年8月 9日 (土)

生まれたばかりの自然回帰の家の紹介です

Img_4316暑い日が続きますが、ご機嫌は如何でございますか。
今日は足場が取れたての生まれたばかりの自然回帰の家の紹介です。
何よりも嬉しいのは、こんな暑い日でも中に入った途端に涼しさを感じたことです。

続きを読む "生まれたばかりの自然回帰の家の紹介です" »

2008年8月 8日 (金)

体で感じる快適は『住宅市場動向調査』ではどのような結果なのでしょうか

国土交通省から公表されている『平成19年度住宅市場動向調査報告書』について、3回目です。
その前に今日は、八月八日の末広がりで六曜でも友引でホントに良い日なので、地鎮祭を執り行いました。

地鎮祭の後にお客さんとお話をしていましたら

「今の家はずいぶんと断熱の性能が良くなってますね」
「でも、体で感じる快適はまた別の問題ですよね」
と、そつなくというか、静かにおっしゃられました。
     続きはクリックして。。。。

続きを読む "体で感じる快適は『住宅市場動向調査』ではどのような結果なのでしょうか" »

2008年8月 5日 (火)

『住宅市場動向調査』を読んで日頃の言動が大事だと思いました

国土交通省から公表されている『平成19年度住宅市場動向調査報告書』をダウンロードして時間の隙間を見て読んでおります。
今日は「今回の住宅を決めた理由」を見ます。

続きを読む "『住宅市場動向調査』を読んで日頃の言動が大事だと思いました" »

2008年8月 4日 (月)

『住宅市場動向調査』を読むと、人は自ら調べ考え判断し責任をもって行動するとの流れが強くなっているのではと思います

国土交通省から公表されている『平成19年度住宅市場動向調査報告書』をダウンロードして時間の隙間を見て読んでおります。
その中でたつろうの関心を呼ぶのは、付録としてある「経年比較表」の中の「建築者を見つけた方法」です。
   ↓ 続きは下の”続きを読む”をクリックして。。。

続きを読む "『住宅市場動向調査』を読むと、人は自ら調べ考え判断し責任をもって行動するとの流れが強くなっているのではと思います" »

2008年8月 3日 (日)

欲を優先させない仕事であって欲しいです

帰宅後、CS放送で「ブラックジャック」を見てたら、ある医師が
「医者が欲を優先させたら終わりでしょ」
と言ってました。
これは家作りでも同じ。どんな商売でも同じだと思います。
     ↓ クリックして続きを。。。。

続きを読む "欲を優先させない仕事であって欲しいです" »

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック