なかのひと


GoogleAnalytics


« 『生命徴候あり』はディズニーランドを引き合いに出してます | トップページ | ずっと先までよろしくって家を作りませんか »

2008年6月 9日 (月)

いっぱい話をする感動で家を作りましょう

家作りの仕事をしていると、え!なんで、そんなことで!
と、驚くことが良くあります。
お客さんとお話をして、
互いに思っていたことが違うことがあります。

こんなことが起こらないようにするには、工事に着工する前に何度も何度も打合せや意見の確認をしなくてはいけません。
それでも、実際の現場では、え! そんな!
ということが発生します。

え! そんな! には、程度の問題があります。
事前にじっくりと何度もお話をしたお客さんとの場合は、
互いに頭を抱え込むほどの相違は起きてきません。
ほんの少しだけ、調整をすればもとの楽しい家作りに戻せます。

例えばコンセントの高さです。
仕上がった段階で高さが! と言われると困りますが
早い段階で、あれ!? と、
言ってもらえればなんなく解決します。

ここで、いつでも、
気軽に、あれ!? って言ってもらえることが大切です。
こうなるには、やっぱり時間が必要です。
気軽に気兼ねをせずに言ってもらえるようにする環境作りが大切です。

これとは全く反対に、頭を抱え込んでどうしようもない!
何をいまさら! ということが起きる時もあります。
こんなときは大変です。

だからなんなのっ! ていうでしょうが。
建築主の思惑通りに作れば良い、との意見もあるでしょうが。

互いの思惑違いによる、
これちがう そうじゃない と頭を抱え込むようなことは
作り手にとって、強烈な身悶えです。
手抜き工事や怠慢からのもではありません。
でもピリピリとなってしまった現場。

やるせないです。
何といってもお客さんに喜んでほしくて仕事をしてますから、
よかれと思って仕事をします。
それが、あろうことか、ボタンの掛け違いのように、やるせなくなってしまうものなんです。

だから、いっぱい話をしましょう。
気軽に言いたいことを言える環境にしましょう。
そうすることが
人との関係の中で家作りという一大事業を成し遂げることです。
とても貴重な感動だと思います。
 
 
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございます。この記事が良かったな、参考になったな、明日も読んでみたいな、と思われましたらランキング投票バナーをクリックしてくださいませ。
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
★コメントはスパム防止のため、一旦公開を保留させていただいております。ご了承くださいませ。

WebPhoto←はweb拍手ボタンです。クリックして拍手と声援を下さいね。

« 『生命徴候あり』はディズニーランドを引き合いに出してます | トップページ | ずっと先までよろしくって家を作りませんか »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

●生き方や仕事の仕方」カテゴリの記事

コメント

本当にそうですよね。
掛け違ったボタンは簡単に修復できませんから。
だから、生産性とは逆行することも必要なんです。

gonsukeさん こんばんは
心というか、思いというか、大切にしたいです。
ここを忘れさせようとする現実もありですがね。
明日も頑張ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/41484210

この記事へのトラックバック一覧です: いっぱい話をする感動で家を作りましょう:

« 『生命徴候あり』はディズニーランドを引き合いに出してます | トップページ | ずっと先までよろしくって家を作りませんか »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック