なかのひと


GoogleAnalytics


« 風の谷のナウシカ | トップページ | 『悩む力』を休みの日に »

2008年5月20日 (火)

家・住宅・ホーム・住居

家づくりはどんなものかと考えることが良くあります。
家ってなんでしょうか。
住宅というときもあります。
ホームというときもあります。
住居というときもあります。

住宅というきは、
住宅建築といわれるように、建築様式っていっていいのかな、
住宅とは建築行為の中での様相のことでしょうか。
つまりは、できあがった人が住むことを予想する建築です。

住宅といったときには、
デザインが優れている。
情緒にとんだ空間を持っている。
美しい屋根が軽やかな構造で支えられ、
そこには粋な建具がつり込まれ、
そこに住む人の感性がしのばれる。
みたいな筋がたちます。

住居というと、学問的な堅さがあります。
ライフサイクルにあわせて、
住居のストックとフローが担保される住居。
みたいな社会保障の一部としての
寝起き食事する場所という意味が強いです。

ホームといえば
ホームドラマというように住んでいる場所での
出来事の連続とのイメージが大きいですね。
 
 
ところが「家」といった場合はどうでしょうか。
住宅でも住居もなく、ホームよりも情が濃くなるように思います。

人が住めば、そこは住まう人の感性が重きをなしてきます。
当然のことのように住む人の嗜好が反映します。
住居といえば全社会的な住み方の成り行きでしょうが
家でも家族の成長との付き合いが存在します。
子供たちの成長にあわせて部屋を形作るというような発想です。
しかもここではホームドラマ以上の悲喜こもごもが起こります。

こんなのが家なんですね。

建て売り住宅とはいいますが
建て売りの家とはいわないように
住宅展示場とはいいますが
家の展示場とはいいません。

家は展示できないようです。

考えすぎでしょうか。

住宅をつくるのか、
家をつくるのか、
住居を考えるのか、
ホームを思うのか。

やっぱり考えすぎ。今日はこの辺で。
 
 
 
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
「サイドバー」と『お気に入りの本』も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
★コメントはスパム防止のため、一旦公開を保留させていただいております。ご了承くださいませ。

WebPhoto←はweb拍手ボタンです。クリックして拍手と声援を下さいね。

« 風の谷のナウシカ | トップページ | 『悩む力』を休みの日に »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの哲学 家って何?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/41269897

この記事へのトラックバック一覧です: 家・住宅・ホーム・住居:

« 風の谷のナウシカ | トップページ | 『悩む力』を休みの日に »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック