なかのひと


GoogleAnalytics


« 雑文です | トップページ | 心豊かなファイト »

2008年4月22日 (火)

時間と金額を約束する

早く帰ろうと思ったら
今日も遅くなってしまいました。

見積書をまとめておりました。
というか、もう一度目を通そうと思い、
見始めたら気になるところが至る所に見つかりまして、
一つ一つ吟味しながら、突っついていたのでした。

家を作る場合は、1カ所を替えると別の所も連動して変わります。
ということは見積書も変わります。
神経を使います。
これを疲れているときにやろうとしたり、
時間の無いときにやろうとすると、
人のやることですから、ミスが出やすいです。

完璧にやるには、
時間をかけて何度も何度も見返さないといけません。
見返すのを怠るととんでもない事になるので恐ろしいのです。

資本主義のこの世の中での約束事は
 時間を守ること。
 事前に価格を提示して契約の形態をとる。
の二つかと思います。

この二つのこと。極めて常識的な事ですね。
改めて考えるまでもないくらいに当然に思えます。

しかし、ここが問題です。大問題です。

どんな状況に陥っても必ず工期という時間を守れるでしょうか。
自然材料を使うとなると、ことのほか厄介になってしまいます。

塗料なら乾く時間。塗り壁なら固まる時間。
無垢材なら材料を揃え乾燥させ製材し仕上げる時間。
現場で微調整しながらの加工の時間。

いずれも、なかなか人の思った通りにはいかないものです。
天候にも左右されるし、難しいですね。

約束の時間は守るべきものですから、
なんとかしなくてはいけないのですけれど、
まさか固まっていない壁に器具はつけられないし、
乾燥していない塗料の上を歩くわけにもいきません。

ここいらへんの工期の伸び具合も、本当は見積に影響を与えます。
でもね、これを事前に掴むのは、困難です。
やってみないと解らないのですから。

実際に工事を始めて、かかった費用を請求する、というのも
現代のシステムではナンセンスですよね。
やはり予め金額を決めて後に仕事にかかるのが真っ当ですかね。

一方では工期。もう一方では金額。
この二つの間で、
約束事を唸りながら追求することになります。
この唸る部分を受け持つのが工務店、ビルダーなのです。

ほんとに唸るんです。
少なくとも、私は何度も唸っております。
 
 
 
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
「サイドバー」と『お気に入りの本』も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
★コメントはスパム防止のため、一旦公開を保留させていただいております。ご了承くださいませ。

WebPhoto←はweb拍手ボタンです。クリックして拍手と声援を下さいね。

« 雑文です | トップページ | 心豊かなファイト »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>家を作る場合は、1カ所を替えると別の所も・・

これが大変なんですね。

だから、お客様との対話する時間がは必要なんですね。

コメントありがとうございます。

そうです。どうしても対話の時間が必要です。
急いでやると、後でとんでもないしっぺ返しが待っています。
ゆっくり急ぐということかなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/40964704

この記事へのトラックバック一覧です: 時間と金額を約束する:

« 雑文です | トップページ | 心豊かなファイト »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック