なかのひと


GoogleAnalytics


« 仕事始め | トップページ | 二酸化炭素の貯蔵_エコな家その2 »

2008年1月 5日 (土)

エコな家

エコな家を求めたら、
「自然素材だけで得られるものではない」と、以前に書きました。

省エネの要求が入ってくるからです。

そもそも「家」とはなんでしょうか。
ここでは『今和次郎集第5巻生活学』所収の「住生活」をまとめることではっきりさせましょう。

「家」はいうまでもなく生活の基地です。
基地から出て活動し,心身を休め,またその中で様々な出来事が起こる場です。

「家」は
  1 休養
  2 社交
  3 事務・家政
  4 生産
  5 娯楽・教養
という,五つの面から考えられます。
 
 
「休養」という面から言えば,

安心して心身を休める場が「家」です。
家が不快で帰宅しても休めないようでは,
やはり「家」とは呼べません。
帰宅し家族の顔を見て、
家人の望む快適な場で十分な休養を得て充実した明日は望めます。
 
 
「社交」という面では,

招く側が意識しても,気軽に招いても,
いつまでも居たいような空間と時間の場が「家」です。
狭すぎても贅沢すぎても落ち着かないでしょう。
生活者と「家」が渾然一体のものが最も素晴らしい。
 
 
「事務・家政」という面から言えば,

育児,食事の用意,洗濯,衣類の整理などを行いやすいように考慮されて初めて「家」と呼べます。
 
 
「生産」という面では,

「家」は食事や日常の生活だけではなく、
仕事をも内包できるものであるべきではないでしょうか。
子供たちは仕事をしている両親を見て尊敬の念を抱くでしょう。
ずっと以前の住宅では近くで働いている大人を見て子供は育っていました。
 
 
「娯楽・教養」という面から言えば,

外で立派な仕事と交遊があっても
帰宅してからは,さっぱりというのはどうでしょうか。
やはり最良の生活とは言えないと思います。
「家」の中で家族それぞれの夢や希望が素直に現れて,
日々その活動があり,個人の確立と幸せが達成されるのが最も望ましいと思います。
 
 
以上の五つのを満足すれば素晴らしい「家」が出来上がります。

と、私なりにまとめます。
 
 
こんな家を建てるとき、あるいは家を維持するために、
やはり幾ばくかのエネルギーを使います。
もちろん、より多くエネルギーを使った方が理想の家に近づくでしょう。

ここで、「より少ないエネルギーでより理想に近くする」のが
「省エネ」です。
 
 
言葉を変えると、
エコな家とは「素晴らしい家のための消費エネルギーが小さい家」
と言えます。

エネルギーには
家を作る素材・材料を作るときのエネルギー。
材料の運搬も含めた新築工事に使うエネルギー。
家を維持し生活するときのエネルギー。
があります。

この3種のエネルギーを小さくしながら、
「素晴らしい家」へのストーリーを
思い実行していくのがエコな家です。
 
 
この他に人には思いはかる充実というのもあります。
例えば生活の中で暖房を使わずにしようとか、
エコバッグを使うとか、
少しでも環境に配慮する心と行動で、「省エネ」
を体現する方法もあります。
これもかなり重要です。
 
 
もっと言えば身のまわりの省エネ行動がしたくなる「家」
の存在も大切ですね。
家が素敵で愛情が込められれば簡単に立て替えないし、
家をなでるように暮らすからです。
 
 
エコな家とは
「素晴らしい家のための消費エネルギーが小さい家」での
エコな生活態度
と言えるはずです。
 
 
 
Iwiltry_1Photo_3
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログランキングのバナーをクリックしていただくとランキングが上がって励みになります。
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
「サイドバー」と『お気に入りの本』も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
★コメントはスパム防止のため、一旦公開を保留させていただいております。ご了承くださいませ。

WebPhoto←はweb拍手ボタンです。クリックして拍手と声援を下さいね。

« 仕事始め | トップページ | 二酸化炭素の貯蔵_エコな家その2 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの哲学 家って何?」カテゴリの記事

 ●家づくりの素材」カテゴリの記事

 ●家づくりの方法」カテゴリの記事

 ●エコな家作り」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

エコって、われわれ贅沢になってしまいましたからね・・・

わたしも、寝る前にはポットの電源を落としたり、
暖房の設定温度やら、断熱を高めたり。。。

みんなができることをやりましょうね~^^

さき姉さん

あけましておめでとうございます。
今年も宜しく。
エコをできるところからやりましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/17588750

この記事へのトラックバック一覧です: エコな家:

« 仕事始め | トップページ | 二酸化炭素の貯蔵_エコな家その2 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック