なかのひと


GoogleAnalytics


« 建築をするのは何のため『シナン』という本も買いました。 | トップページ | 足りない一言 »

2007年11月28日 (水)

花は愛惜にちり

今日は休みなので特に書くべきような事件はありません。

静かな一日になると口ずさみたくなる言葉があります。

「花は愛惜(あいじゃく)にちり、草は棄嫌におふるのみ」

普段の生活では、追いまくられますから、事の本質まで思うことも難しいのですけれど、休みともなると、一切の事から解放されやすくなります。

人間なるものは忙しいし、生活し仕事して煩わしさもあるし、
あの人がどうだこうだ、自分はこんなのに、といろいろです。

もっと静かに思うならば別の見方もあってね。

確かにあるんですよ。

けれども、いろいろモンモンとするのが人なのです。
安心して生きていこうね!

ってことです。冒頭の「花は愛惜(あいじゃく)にちり、草は棄嫌におふるのみ」は。
 
 
001_3
これは正法眼蔵にあって、
 
 「諸法の仏法なる時節,すなはち迷悟あり,
  修行あり,生(しょう)あり死あり,
  諸仏あり,衆生あり。

  万法(まんぼう)ともに,
  我にあらざる時節(意識して自分の分別を持つのをやめた時),
  まどひなく悟りなく,諸仏なく衆生なく,生なく滅(めつ)なし。

  仏道もとより豊倹(ほうけん・有無の対立・差別)より
  跳出(ちょうしゅつ)せるゆえに,
  生滅(しょうめつ)あり,迷悟あり,
  生仏(しょうぶつ・衆生と仏)あり。

  しかもかくのごとくなりといへども,
  花は愛惜(あいじゃく)にちり,
  草は棄嫌におふるのみなり。

安心して生きていこうです。
 
 
 
Iwiltry_1Photo_3
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログランキングのバナーをクリックしていただくとランキングが上がって励みになります。
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
「サイドバー」と『お気に入りの本』も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
★コメントはスパム防止のため、一旦公開を保留させていただいております。ご了承くださいませ。

WebPhoto←はweb拍手ボタンです。クリックして拍手と声援を下さいね。

« 建築をするのは何のため『シナン』という本も買いました。 | トップページ | 足りない一言 »

●本 家づくりの現場から」カテゴリの記事

  * 私の古典」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/17217238

この記事へのトラックバック一覧です: 花は愛惜にちり:

« 建築をするのは何のため『シナン』という本も買いました。 | トップページ | 足りない一言 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック