なかのひと


GoogleAnalytics


« あたりまえの家 | トップページ | 地鎮祭と祝詞 »

2007年11月15日 (木)

あたりまえの普通の家

あたりまえの家。言葉が変わると普通の家。
誰でも「あ!こんな家」
と感じる家がいいのでは思います。

ごくごく普通の材料で、真面目に作り
本来あるべき姿の家が、あたりまえの家ですかね。

ビニルクロスを使わずに、
ぷんぷん臭う接着剤はもちろん使わずに壁を仕上げたいものです。
糊をべたべた塗って壁をなんてなんとなくおかしい。

床も素足で歩いてて気持ちよく生活できるものがいいです。
合板フローリングの床は綺麗だけれども素足では歩けない。
こんな事も、なんとなくおかしい。
 
 
おかしな家ができないように、あたりまえの家をつくれればいいですね。
 
 
壁は何処にでもあった土で壁はできていました。

今では何処にでもあるビニルクロスで作るのが手っ取り早いかもしれませんが、糊も含めて人が石油を燃やして作り、廃棄をしても土に帰りません。
だから手っ取り早いけれど、何処にでもある普通の材料ではないようです。

床も素足か足袋で歩ける畳か板でした。
板は何処にでもあった松のようでした。
畳も何処にでもあった藁とイグサです。

人が歩いて生活して気持ちが良い材料を使い、なるべく近いところからの材料で家をつくるのがいいでしょう。
 
 
わざわざ海の向こうから運んできた木材を使い、さらに糊をべたべた塗って貼り合わせ、更に更に表面を塗装でコーティング。
こんな面倒な事をせず、国内から木を探して使えばと思います。
 
 
ですから「あたりまえの家」は
 ビニルクロスを使わない
 合板のフローリングを使わない
という条件を満たしているものです。
 
 
 
Iwiltry_1Photo_3
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログランキングのバナーをクリックしていただくとランキングが上がって励みになります。
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ   
「サイドバー」と『お気に入りの本』も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
★コメントはスパム防止のため、一旦公開を保留させていただいております。ご了承くださいませ。

WebPhoto←はweb拍手ボタンです。クリックして拍手と声援を下さいね。

« あたりまえの家 | トップページ | 地鎮祭と祝詞 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの哲学 家って何?」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
建築人として普通にあたり前であったことが、いつしか商売に走った人々に荒らされた気がします。
悲しい事に、施主側から見れば全て同じに見えるのかもしれませんが・・・
自分が嫌なことはしないように心がけながら・・・
職人の道を歩きましょう♪
それでは・・・

NABEさん こんばんは

ごくごく普通に、あたりまえに生活を喜ばせる
そんな心がけの家のために生き続けようと思います。

ではでは。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/17082931

この記事へのトラックバック一覧です: あたりまえの普通の家:

« あたりまえの家 | トップページ | 地鎮祭と祝詞 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック