なかのひと


GoogleAnalytics


« 『昭和動乱の真相』を読んでいます | トップページ | ふたりの「百万人のキャンドルナイト」 »

2007年6月20日 (水)

今日から建築基準法の改正です

今日6月20日から改正建築基準法が施工されます。
夕方は匠の会主催の「匠塾」に出席しました。

講師は建築構造家の山辺豊彦先生。

「今日から法律の施工ですね。」
と「匠塾」は始まりました。

戦後の最も大きな改正です。


特徴的なことは

   工務店などの施工者、建築士など建築業界の人々を信用しない。

   あくまでも、消費者保護の立場に立つ。

   構造に関しては構造専門家によるチェックが行われる。
   今まで軽視しされていた木造2階建ての構造の審査が
   省略されずに行われる。

といったところが、特徴です。

建築業界を信用しないというのが衝撃です。

やっぱりな、あんな事件の後では信用されなくなります。
家づくりの現場は一般のお客さんからすれば理解が難しいのでしょうか。
一歩引いて考えると、作り手がわかりやすく説明をしたり
情報を発信していない、ということでしょうか。
 
 
私は、常に説明を怠らずにやってるつもりですが
ひょっとしたら言葉が足りないのでしょうか。
 
 
改正される法律でも重視しているのは
完成すると隠れて見えなくなるところです。
見なくなってしまうのだから関係ないやとの考えもあるのかもしれません。

けれど
見えなくなってしまうところが大事なんです。

今度の法律の改正で普段は見えない所にも焦点があえば
真面目に家づくりをしている作り手にとっては嬉しいことです。

だからなんでしょうか。
先日の工事中の見学会には多くのお客さんがご来場いただきました。
 
 
今だからこそ踏ん張ろう。
真面目に正直に家づくりをします。
 
 
 
Iwiltry_1Photo_3
 
 
人気blogランキング,住まいブログランキング/自然素材に参加しています。共感いただいたらバナークリックお願いします。ランキングが上がって励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓↓↓
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
「サイドバー」と『お気に入りの本』も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
★コメントはスパム防止のため、一旦公開を保留させていただいております。ご了承くださいませ。

« 『昭和動乱の真相』を読んでいます | トップページ | ふたりの「百万人のキャンドルナイト」 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

コメント

>工務店などの施工者、建築士など建築業界の人々を信用しない

と言い切られるとちょっと・・・。
基準法を国民に信用してほしいなら、国も業界の良心を信用してほしいです。
それじゃあアメリカみたいになんでも法律でしばって、何かあればすぐ裁判なんてことになりそう。
信頼がまず基本なのにぃ。

法律が変わろうと、やってきたことに自信があれば実務は変わらなくてもいいのでは?
見学会・セミナーの繰り返しで紹介の輪を築いてくださいね。お客さんに信用してもらえればいいのですから・・・

★ビルダーナースさん おはようございます

信頼は一辺に崩れましたね。姉歯元建築士のやったことは大きいです。
でも、この事件の背景を、国土交通省としては作り手の責任放棄と考えたようですね。
更にその奥のことは考えてないようです。
私は、無理なローコストの要求と利益最優先が温床ではと
思います。いかが思われますか?

★ワンマンさん こんばんは

そうです。その通りです。

そもそも基準法の規定は最低の基準です。

法律はこうで
私はこう思うから。こうやります。と行きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/15502303

この記事へのトラックバック一覧です: 今日から建築基準法の改正です:

« 『昭和動乱の真相』を読んでいます | トップページ | ふたりの「百万人のキャンドルナイト」 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック