なかのひと


GoogleAnalytics


« いい家・幸せな家になります | トップページ | 幸せな家ってなんでしょうか »

2007年5月30日 (水)

『幸せのちから』を読んでいます

004昨日から『幸せのちから
という本を読み始めました。

そういえば
同名の映画が公開されていたようです。
この映画は見ていません。

帰宅途中、本屋に立ち寄ったとき
手にとってみたら
急に読んでみたくなったのでした。

 
 
実話なんですね。
クリス・ガードナーという人も知りませんが
大富豪のようですね。

しかし、最初から順風満帆ではない。
読んでいると、このことが丹念に書いてあります。

少年時代の悲しい出来事を書きながら
どこかに、将来への夢があったり
夢を応援している力があったり

自分も頑張るけれど
そこを助ける母
目に見えないけれど助けてくれる力

清らかに精進して、失敗しても恥をかいても
腐ったりすねたりしなければ
自らの努力に、見えない「幸せのちから」が働くのでしょうか。

1/3位読みましたが、現在の感想はこうです。
 
 
 
Iwiltry_1Photo_3
 
 
人気blogランキング,住まいブログランキング/自然素材に参加しています。共感いただいたらバナークリックお願いします。ランキングが上がって励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓↓↓
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
「サイドバー」と『お気に入りの本』も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
★コメントはスパム防止のため、一旦公開を保留させていただいております。ご了承くださいませ。

« いい家・幸せな家になります | トップページ | 幸せな家ってなんでしょうか »

●本 家づくりの現場から」カテゴリの記事

コメント

大切なのは自分自身。
すくっと、まっすぐに生きていこう・・・そういうことなのでしょうか。

『幸せのちから』
読んでみたくなりました。

あぶりしゃけさん こんばんは

そうですね。そんなに単純ではないかもしれません。

目に見えないけど、確かにある幸せのちから。

腐ったり拗ねたり、身を守るため人のせいにしたり
こんなことしてたらダメなのはわかります。

がんばりましょねえぇ〜 しゃけさん!

この映画観にいきました。
諦めずにやり抜くと口で言うのは簡単ですが、実行し続けるのはこんなにも大変なんだと、映画を観て感動です。
映画では子役のウィル・スミスの本当の子供がすごくかわいかったですよ。

ビルダーナースさん こんばんは

きっと言うのは簡単だけれど実行は踏ん張りが必要でしょう。
なんとなくわかります。
純粋な気持ちがそのままでいられるのは大変でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/15259643

この記事へのトラックバック一覧です: 『幸せのちから』を読んでいます:

« いい家・幸せな家になります | トップページ | 幸せな家ってなんでしょうか »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック