なかのひと


GoogleAnalytics


« 自立循環の現代の民家 | トップページ | 「自然回帰の家」K邸 »

2007年5月10日 (木)

栗原村は階段をかけています

Matu_kaidan_sasara今週の栗原村は
先週に床を張り終わり

今、大工さんが階段をかけています。

左の写真は階段の「ささら」を
加工しているところです。

 
 
栗原村の床板は前にも紹介したように南部赤松です。

もちろんこの階段の「ささら」も南部赤松です。
厚さはなんと4cmです。

写真に写っている「ささら」の溝に、これも南部赤松の板を差し込んでいきます。
厚さは4cm。

「ささら」の溝は若干斜めに彫ってあります。
この溝に階段の裏側から、出来上がると見えなくなる方向から段板を差込み、
その上で楔をうって固定するんです。

ですから、この楔を打って固定している姿は完成すると見えません。

いい加減にボンドとビスで適当に組み立てていないんです。

というわけで
家の性能は見えなくなるところで決まるわけです。

5月19日(土)にこの栗原村の見学イベントを行います。
見に来てくださいませ。

お申し込みは
048-985-7002 まで。

お待ちしております。
 
 
 

Iwiltry_1Photo_3
 
 
人気blogランキング,住まいブログランキング/自然素材に参加しています。共感いただいたらバナークリックお願いします。ランキングが上がって励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓↓↓
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
「サイドバー」と『お気に入りの本』も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
★コメントはスパム防止のため、一旦公開を保留させていただいております。ご了承くださいませ。

« 自立循環の現代の民家 | トップページ | 「自然回帰の家」K邸 »

☆自然回帰の家•モデルハウス☆」カテゴリの記事

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの素材」カテゴリの記事

コメント

そうですなあ
テクノロジーが進化すると、地域特有の形態を無くしてしまうことになるんだよなあ

って、これは昨日の記事に対するコメントです

くまさん やっとおきましたか。

地域特有な事を生かすテクノロジーがあるはずです。

テクノロジーというほど大げさではなくても
さりげない工夫が大事になることを祈りつつ
ナイスおやじは、オヤジらしく前に進みます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/15021852

この記事へのトラックバック一覧です: 栗原村は階段をかけています:

« 自立循環の現代の民家 | トップページ | 「自然回帰の家」K邸 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック