なかのひと


GoogleAnalytics


« 大好きな建築「高山寺石水院」 | トップページ | 自然回帰の家のスタッフは素敵でしょ »

2007年4月 6日 (金)

流石は左官職人!

今日、左官屋さんと壁のメンテナンスにお客様のお宅に伺いました。
作業を見ながら
「流石は左官職人!」と,いわずにはいられませんでした。

事の発端は私tatsuroのミステークです。

困った。困った。            Banner_03_1 にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ

 
 
お宅をを見てまわって,確認をしながら
 「和室にも少しあるんですよ」
と,お客さん。

ここでハッと気がついてしまったtatsuroです。

塗壁の材料は「タイガーケンコート」という珪藻土の入ってるプラスターです。
色はクリーム色。
和室だけは若草色で他の部屋と違います。

この若草色の和室の壁の補修もお客さんに事前に言われていたのです。

私が左官屋さんにこのことを伝えていませんでした。

そうです。当然、和室の壁の材料は持ってきていません。
持ってきたのはクリーム色の材料だけです。
 
 
さて、困った。困った。
 
 
しかしですね。流石は左官屋さんです。

 「庭にいい土があったから、これを混ぜて作ってみます。」

と,クリーム色のタイガーケンコートに庭の土を混ぜながら

 「もともと壁は土です。その場所の土を使って塗るのが一番です。」
 「壁に色をつけるときも色土を使いますが
  その土の色によって様々な色合いができるんですよ。」

と、左官屋さんが説明してくれました。

試しに塗ってみることにしました。

いやはや,こんなことになるとは
私もびっくりしました。

 「乾いてみて,廻りと違って違和感があるなら,お電話をください。」

とお断りして、お宅を後にしました。
 
 
今日は
左官職人の受け継がれてきた技を改めて見ました。

まさかね
庭の土を混ぜてち作っちゃうとはね。
 
 
  Iwiltry_1Photo_3

    
人気blogランキング,住まいブログランキング/自然素材に参加しています。共感いただいたらバナークリックお願いします。ランキングが上がって励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓↓↓
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログ 自然素材へ
サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
★コメントはスパム防止のため、一旦公開を保留させていただいております。ご了承くださいませ。

« 大好きな建築「高山寺石水院」 | トップページ | 自然回帰の家のスタッフは素敵でしょ »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの素材」カテゴリの記事

コメント

昔は家のお父さんが自分で土を使ってやっていたんでしょうね。
いつから左官屋さんが生まれたのかは知りませんが。
時代がめぐって、誰にでも手入れできる物へと、循環しているように見えるのは私だけでしょうか?

sugiokaさん こんばんは

壁の下塗りは泥ダンゴを押しつけて誰でもやっていたようです。
しかもその泥は目の前の田んぼからとってきて寝かしたもの。

そのうち,時代が一回りするのでしょうか。

窮地を救ってくれるプロっていますよね。
私もよく自分の浅はかさを恥じながら
お世話になっています(汗)

いい職人さん、抱えてらっしゃいますね。
今時、そんな機転のきく方、そう多くはありません。どんな家を造られているのか伝わってきました。

ワンマンさん こんばんは

やはり職人の技にはかないません。
ただ,感心しきりです。

Mrs.アンさん こんばんは

私が抱えられるんですね。きっとね。
だって,私はなにもできませんからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/14581945

この記事へのトラックバック一覧です: 流石は左官職人!:

« 大好きな建築「高山寺石水院」 | トップページ | 自然回帰の家のスタッフは素敵でしょ »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック