なかのひと


GoogleAnalytics


« 幸せになりたいから家をつくります | トップページ | 現場見学会のお知らせ »

2007年3月21日 (水)

映画「アンジェラ」を見て

20070321_s映画「アンジェラ」をみました。
登場するのは弱気なさえない小男アンドレと
長身金髪美女のアンジェラ。

コミカルな愛のストーリーです。    Banner_03_1 にほんブログ村 住まいブログへ

 
 
20070321_l

アンドレは,いつもいい訳ばかりして逃げてまわるだけの小男。
逃げるのもいやになって,川に身投げをしようとします。

この瞬間にアンジェラが現れ,以後は何かにつけ励まし,
「人に愛されなければ,自分は愛せません」
と言いながら
急場で彼を助けては勇気を与えます。
 

そして,アンドレはついに自らの足で立ち上がり,
さえない男を脱却します。
 

アンジェラは無償の愛を男に注ぎ,男を立たせたのです。
彼女は天使だったのです。

男への愛は天使としての任務だったのです。
 

任務を遂げたら天に帰らなくてはいけない彼女。帰したくない男。
男は必死に説得します。男はアンジェラに
「お前も愛してると,言われたことないんだろ」
「おお神よ」と悩むアンジェラ。天に帰らず男といたい。
男は
「神様なんか,ほっとけ」
 

けれど,
天上に帰るべく,羽が広がり飛び立ってしまいます。
アンドレは,愛してしまった天使を離したくないので,天上に帰したくありません。
飛び立つ彼女に必死でしがみつきます。
 

しがみつく男を振り払って必死に天に昇ろうとしますが,
重さに堪え兼ねて,二人とも地上に落下します。
 
地上に落ちたアンジェラは,天使の羽を失ってしまいます。
けれどもアンジェラはそれを悦び,アンドレは最大の喜びをあげます。
 

天使といえども
人を愛したら,愛した人の愛も欲しかったのでしょうね。
 

愛で人は生まれ変わります。
かなり恥ずかしいけれども,このような事を真面目に思います。

愛して,そうして愛が帰ってきたら,最上の幸せです。
 
 
 
 
おっといけない,私はいつも幸せですよ。
 
 
  
  Iwiltry_1Photo_3
    
そのとおり!と,思ったら,下のバナーをクリックしてくださいね。
↓↓↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓↓↓
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログへ
左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
★コメントはスパム防止のため、一旦公開を保留させていただいております。ご了承くださいませ。

« 幸せになりたいから家をつくります | トップページ | 現場見学会のお知らせ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

アンジェラは無償の愛を男に注ぎ,男を立たせたのです。
彼女は天使だったのです。


↑天使・・・  エンジェル・・・

その手の名前の「立たせて始末」までしてくれるお店を知っています。。。

無償の愛を注いでいたら、
個人を愛することなんてないと思いますよ^^

それは、見返りを求める愛だから、
個人を愛するのです。


天使より^^

この世の全ては愛を知るために・・・という見方もありますね。
家づくりに携わる方は愛を知らないといけませんねぇ。
この映画、私も見てみようっと。

ちしおどん おはようございます

・・・・・・・  発言を控えさせていただきます。。。。。

さき姉さん おはようございます

愛し愛されです。

ビルダーナースさん おはようございます

フランス映画で、リュックベンソンという有名な映画監督の作品なんだそうです。

この世の全ては愛を知るため。素敵な感じ方です。
これを地で行こう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/14341895

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「アンジェラ」を見て:

« 幸せになりたいから家をつくります | トップページ | 現場見学会のお知らせ »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック