なかのひと


GoogleAnalytics


« 焼き土台とネコ石 | トップページ | 明日は300回です »

2007年3月29日 (木)

自然回帰の家・H邱

01_2自然回帰の家・H邱の紹介です。

このH邱は,先日,見学会もお願いし

無事にお引き渡しをしました。

H様。有り難うございました。   Banner_03_1 にほんブログ村 住まいブログへ

    
まずは外観。
道路側より見た外観。
01_8  02_2

壁はリシン掻き落しの壁で、左官職による手技の仕事です。

軒の出は4尺。軒裏に見えるのは厚さ3cmの無垢の板。

もちろん棟の換気と、空気の入り口のスリットを設けてあります。

道路側のスロープを登り,庇のある玄関があります。

01_9

1階は居間・台所・寝室が一室・浴室など。
上の写真は居間。左に見える格子の引き戸が入り口です。
手前に大きく写ってる柱が大黒柱。2階まで通しで入ってます。

居間の奥の方が台所です。

2階に上がるとまずこのホールにでます。

01_10  02_5

階段を上がって左。そして右から見ました。

小屋は化粧で,天井に見えるのが厚さ3cmの杉板です。

ホールの奥には主寝室があります。

01_11  02_6

上に見えるのが丸太の梁で長さは9M。
床は1階も2階も厚さ34mmの信州カラマツです。

気持のいい寝室です。
1階も日当たりが良く,暖かい居間です。

H邱の紹介をさせて頂きました。
  
  
  Iwiltry_1Photo_3

    
そのとおり!と,思ったら,下のバナーをクリックしてくださいね。
↓↓↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓↓↓
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログへ
左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
★コメントはスパム防止のため、一旦公開を保留させていただいております。ご了承くださいませ。

« 焼き土台とネコ石 | トップページ | 明日は300回です »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●自然回帰の家 家づくりの実際」カテゴリの記事

コメント

立派な家ですねぇ~
うちも内装はこんな感じがよかったんだけど
予算が...

aniさん こんにちは

やっぱり最初におさえるべきは予算なんですね。

こんにちは~。
気持ち良っさそうな家ですね~~~。
天窓も効いてるし。
丸太梁もいいし、
でも、こういう所の照明は苦労しますよね。

そういや、リシンの掻き落とし。
街中の古い家で、リフォームして、上からペンキ塗ってる所見かけます。「oh!No~~」ってところですね(笑)

hiroさん こんばんは

ほんとに壁はどうやって作るのがいいでしょうか?
リシン掻き落としはすごく質感もあって
メンテナンスもペンキなど塗らんでもいいと思うのですけど。
30年は何もせずとも十分に奇麗です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/14447059

この記事へのトラックバック一覧です: 自然回帰の家・H邱:

« 焼き土台とネコ石 | トップページ | 明日は300回です »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック