なかのひと


GoogleAnalytics


« ゴアというリーダーの語る「不都合な真実」 | トップページ | 心を感じるだけで。チャングムの誓い語録その7 »

2007年2月 1日 (木)

散髪しながらサービスと家のことを思いました

昨日は「不都合な真実」を見る前に、散髪もしました。
歩きながら、理容店ないかな、美容院でもいいけどな、
と探しながら有楽町マリオンへ。

で、たまたま見つけた
HIRO GINZA HAIR SALON
という理容室に入りました。あのクルクル回る看板があったから理容店です。

 
初めての店です。店の前に出してあるメニューと料金を見て
 「少し高いなあ」
 「ま。いっか。適当なところないし。昼過ぎから映画が始まるしね」
 「今日、散発しないといつになるか解らなくなるし」
と、ぶつぶつ考えながら、店に入ります。

店内は、個室風です。ここ理容室ですよね?といった雰囲気です。
確かに、洗面ボールが前にあって、前屈みになりながらの洗髪ですから、確かに理容店です。

でも。不思議に思うことひとつ。

一方では1000円。ここはそれよりはるかに高い料金。

まあ、髪を短くするのなら30分からない間にちゃちゃっと切っちゃえばいいよね。
やはりダンディーになりたい私は、おしゃれにも気をつけたいし、
気分までリフレッシュしたいんです。

1000円では、最初にどれくらい切ります?で、終わり。
ただこれだけでガンガン切る。はい終り。

反対に
最初に要望を聞けるだけ聞く。
中には雑誌の切抜きをそろえて視覚的なサンプルを揃えて、
 「どんな感じにしましょうか?」って聞く店だってありますね。

こうなると、私も自分の髪の癖を話したりして、
 「耳が見えるように刈り上げ寸前くらいに短くしてください」
 「だけど横が跳ね上がるんです。だからムースで押さえつけてるんですよ」
と、注文を出します。

ほぼ切り終わると今度は、鏡を回しながら、
 「どうですか。こんな感じですが、宜しいですか」
と聞いてくる。すると、
 「もう少し短くね。あと前髪は自然に後ろに流したいな」
と、無理なく注文できます。

1000円の店でこんな注文はしませんよね。
ここまでの注文をしようと思って1000円は使いません。

そうなんだと気が付きました。
価格の差はサービスの差なんです。
技量にはあまり違いはないかもしれません。
でも、サービスの差。注文を細かく聞いてくれる。
あるいは注文しやすくしてくれるサービスの差。これが違いますね。

家作りも同じでしょうか。
ただ、家の場合。1000円でのざくざく切りにあたるのが、○○万。
こと細かくサービスするのが、○○万。
というような常識がありませんね。

作るほうからは、○○だから、ここまでのサービスなんて、勝手に決めているやも知れません。

そう勝手に決めてるんですね。

ここで、欲しいサービスと作る側の思いを同じ土俵に上げるには
やっぱり長い時間をかけて話をしなくてはなりません。
実際に建った家をたくさん見なくてはいけません。

何より、お互いを理解しあえるように、いろんな工夫をするということでしょうか。

特に私は、口下手ですので、
なかなか思いが伝わらないこともあって、どうしても時間を必要とします。

だから
このブログ読んで頂きたいです。
お客さんへのレターでもありますから。

   Iwiltry_1Photo_3
    
そのとおり!と,思ったら,下のバナーをクリックしてくださいね。
↓↓↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓↓↓
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ
左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。

« ゴアというリーダーの語る「不都合な真実」 | トップページ | 心を感じるだけで。チャングムの誓い語録その7 »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●注文住宅 家づくりの方法」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あにき~難しかったですけど言いたいことは分かります。(^^)

実はその辺に関することはこの先記事にまとめたいところでした。でもまた例によって難しいな~。今の話題に絡めて書ければいのですがそこまで上手くまとまんないや~。

サービス料とかデザイン料とか
なかなか受け入れられていない項目があり
明確に出来ないのがもどかしいところですが、
よくうちのメンバーには
「粗利率が低いということは
自分の安売りでもある」
と言ってますが、つい・・(笑)

なるほど
サービスの差ですか。

僕の前行った美容室は美容室の名前にもなっているちょっと有名らしい、オーナーさんに切ってもらうと、特別料金で+3000円くらいとられます。
これは技術の差でしょうか

それにしても「不都合な真実」
気になりますねぇ
是非、みたいです。
ゴアさんはすごい人なんでしょうか?

あっ そういえば藤田先生の本 読み終わりましたか?
読み終わったら内容を簡潔に教えてくださいね(笑)
そんで、僕が藤田先生にやっと読みましたよぉって言いますから・・・

★Mちゃん おはようございます

難しかったかしら、あのコメント。。。。。
最後のほうになって混ぜくってしまったようですね。お許しください。

このブログは難しくないですよね。


★ワンマンさん おはようございます

正当な利益は必要ですよね。お引渡し後のメンテナンスもありますから、お客さんとずっとお付き合いをしなければなりません。存続をしなければこれができませんので、利益は必要ですね。


★kumaotokoさん おはようございます

kumaotokoさんが美容院!?!!?
なに。全身の毛を調髪。それでは特別料金ですわ!
で特別+3000円は、ブランド料+技術量ですかね。
昔。宮脇檀がお客さんに”設計費”という代わりに”デザイン料”と言ってたそうです。すると、すんなりと。。。。いったそうですね。

不都合な真実は是非見てください。

藤田先生の本はまだ10ページくらいです。。。。。
いつ、読み終わるやら。

おはようございます。
わかりやすかったです。伝わりました。
tatsuroさんってまじめな方なのですね。
とても勉強になりました。

人は気持ち良いことにはお金を払うものですよねぇ。
なぜなら快楽を追求する生き物だから。
ただ、気持ちがいいと感じることは人それぞれなので、1000円の散髪屋でも市場が成り立つわけで。
tatsuroさんの気持ち良いこを、同じように気持ち良いと感じるお客さまを対象に、楽しく家づくりをされればいいのかなぁと思います。

★konohaさん

どうも。お褒め頂いてありがとうございます。
私自身はほんとにいい加減な男です。。。。


★ビルダーナースさん

そう。楽しく家作りをしたいですね。
でも、物欲とほぼイコールの快楽は避けたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/13743963

この記事へのトラックバック一覧です: 散髪しながらサービスと家のことを思いました:

« ゴアというリーダーの語る「不都合な真実」 | トップページ | 心を感じるだけで。チャングムの誓い語録その7 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック