なかのひと


GoogleAnalytics


« 筋交いのことを思いつつの現代民家 | トップページ | 足場が取れた生まれたての自然回帰の家・H邸です »

2007年2月 7日 (水)

家づくりの工法を分類すると

工法って,いっぱいありますね
                 
Mちゃんから 「伝統工法の話は新鮮です!」  
とコメントを頂いたので。
少し,家づくりの工法について書いてみようと思います。
その前に,目線を高くして全体を見渡しましょう。

家づくりの工法といっても,「木造か鉄骨造か」の区分けは良く聞きますね。

 
これではあまりに大雑把ですので
家を作る材料という視点から工法を分類すると,下のようになるでしょうか。

                        ○伝統工法
                  軸組み工法<
            木などの <      ○在来軸組み工法
            自然のもの 壁構造−−−○ツーバイフォー
      3m以上の<     
      長い物        ピン構造   ○軽量鉄骨造
            鉄などの<
            工業品  ラーメン   ○重量鉄骨造
家を作る <            構造
材料
            流動性の
            ある材料−コンクリート ○鉄筋コンクリート造
      一つ一つが
      小さいもの<     レンガ造   ○レンガ造
            積上げる<
            材料   石造 −−− ○石造
               
 
このように木造でも,伝統工法,在来軸組,ツーバイフォ−
鉄骨造としても,ピン構造なのか,ラーメン構造なのかによって違ってきます。

 
全て一長一短です。コストのかかり方も違います。

それぞれについて,完成した家の住み心地,温熱,空気の質の違い
といった,特性が現れる要因をも含んでいます。

 
どんな家に住みたいかという,アプローチによって工法は
選ばれる必要があるように思います。

 
どんな家といっても。

構造性能。環境性能。
地球環境を守るには。家族の健康を守るには。
手づくりの感覚で家を作りたい。一定した品質を望む。etc

 
いろんな切り口がありますね。

 
ここは聞いてみましょう。
目に前にいる作り手にね

  「私は,こんな家が欲しい」

と。注文して下さい。

 
そして,自分に一番あった家を適切なアプローチでつくりましょう。
 
 


  Iwiltry_1Photo_3
    
そのとおり!と,思ったら,下のバナーをクリックしてくださいね。
↓↓↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓↓↓
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ
左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。

« 筋交いのことを思いつつの現代民家 | トップページ | 足場が取れた生まれたての自然回帰の家・H邸です »

●家づくりに思うこと感じること」カテゴリの記事

 ●家づくりの方法」カテゴリの記事

コメント

アニキ~

すっごい参考になります。(^^)

HMの営業は建築の勉強を全くしてこなかった人でも(僕ちゃんもそうです)なれる仕事です。

そしてほとんど自社の家しか知らず、自社の家しか売れません(当たり前か。。。)

本来ならお客さんも目的や用途や条件などに合わせて工法を選ぶべきなのでしょうが、お客さんが家を建てようと思って総合展示場などに行って相談したらどこの会社も自社の工法のアピールです。

アピールだけならいいですが性格の悪い営業になると他社の悪口を並び立ててお客さんを不安にさせてそして自分が正しい事を知ってるんだ。という持って行きかたで契約を取る人間もいます。

そんなお客さんが不安になるような事ばかり言わないで、もっと楽しく家づくりをさせてやればいいのに、、、などと私は感じるんですよね~。

人生の中でこんなに楽しむ事の出来る行事を楽しまないなんて凄く勿体無い事だと僕は思うんです。

でもそんな感じじゃお客さんの方だって警戒心を持って疑心暗鬼にもなりますよね~。(^^;)

あっすみません思いついたこと書いてしまいました。(笑)

他社やよその工法の悪口言うのは、最低だと思います。逆にお客さんも引いちゃいますよね。自社の工法だけが、素晴らしいなんて営業おかしいです。自分で自分のこと「俺っていいやつで男前やろ」って褒めるヤツなんて、あんまり付き合いたくないもの。家づくりは楽しいもの 大賛成です。

大雑把に分けると構法の違いがあり、細かく分けると工法の違いがあると言ったところでしょうか。
確かに、断熱のこともそうですが、どれも一長一短がり、正しい正しくないで分けられないですね。
「絶対」と言う、物や事象は、この世の中、そう多くは存在しないと思うMt.zakiです。
住まい手の希望(要望ではなく)を満たせないと思えば、満たせるところに任せるのも必要かと。

おっ あにき!

バラバラにしちゃったね!?

ひとつにしたら、どうなるの?

うーん 木質パネルとPC工法が足りないかな

★Mちゃん こんばんは

参考になって嬉しい限りです。
そうですね。お客さんと静かに話をして
お客さんのお役に立てればいいです。
これこそ幸せです。


★gonsukeさん こんばんは

そうですね。営業とセールスを間違えてる人が多いです。
営業はお役立ち。
セールスは売るだけ。
営業として,お客さんに夢を! です。


★My.zakiさん こんばんは

家は難しいですね。
どうしたら いいのっ って場面がいっぱいです。
でも,自分に正直に,行きましょうよね。


★ちしおさん こんばんは

一つにすると。。。。
うーん。愛する人の胸の中かな?
これこそ究極の家でしょうかね。

★kumaotokoさん こんばんは

そうだね
木質パネルと プレキャストコンクリートが落ちてますね。
でもこの二つは
どこに入るかしらん? 勉強べんきょーハセキョー

ハセキョーだけでいいです

熊さん

そういわれても 私にはどうにもできません。。。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/13820638

この記事へのトラックバック一覧です: 家づくりの工法を分類すると:

« 筋交いのことを思いつつの現代民家 | トップページ | 足場が取れた生まれたての自然回帰の家・H邸です »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック