なかのひと


GoogleAnalytics


« 25mmレンズで家を撮るのだ | トップページ | ゴアというリーダーの語る「不都合な真実」 »

2007年1月30日 (火)

ボールペンの換え芯が短いんです

20070130185958Banner_03_1にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ
今日のもったいない
共感!頂いたら,バナークリックで清き一票を!


4色ボールペンのインクがなくなって
経理のB女史に換え芯ないかなって聞いたら
ちゃんと換え芯が用意してありました。

新しいのを下ろすと。たぶん怒られるから。芯だけ換えようと思って。
もったいないからね。軸まで全部を新しいのにしたら。と。
この会社にいると、
B女史をはじめ、こんな女人が一杯いてね。
もったいない精神が身に付きつつあります。

20070130185958_1


換え芯があったから、取り替えてみたら、なんと。
換え芯の太さはボールペンにあったんだけど。

 ・・・・・・・・・・??????

芯の長さが少し短くて、先っぽが少ししか出ません。
書けるけど。書きにくいです・・・・

メーカーが違うとこんなことになるんですね。


もったいない話ですよね。
太さがあってるからいいけどね。長さも規格をそろえて欲しいもんです。
ボールペンは芯ごと換えなくてはならないから、これは宿命でしょうか。

だから私、実はなるべく0.7mmのシャープペンシルと万年筆を使うようにしています。
シャープペンシルは芯だけ換えれば、いつまででも使えるし
万年筆はインクだけ変えればずっと使えますからね。
新たにすべてを買い揃えなくてもいいですからね。

常に万年筆は使えるようにカバンの中に入れて取り出せるようにしているわけです。

私がこんな風に考えるようになったのも周りの雰囲気のおかげですね。きっと。

事務用品のもったいない精神はB女史から学んでおります。


    Photo_4
    
そのとおり!と,思ったら,下のバナーをクリックしてくださいね。
↓↓↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓↓↓
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ
左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。

« 25mmレンズで家を撮るのだ | トップページ | ゴアというリーダーの語る「不都合な真実」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうそう、規格が違うことよくあります。
ちょっとしか長さでも合わないものは合わないですものね。
DVDじゃないけど、メーカー同士、その辺は仲良く考えてほしいところです。
たかがボールペンでもまだ使えるのに捨てるのはもったいないですよねー。

ビルダーナースさん
本当にそうです。
今日「不都合な真実」を見て更に思いを強くしました。

いま万年筆が欲しくて欲しくて
探していますが手が出ません。
いいですよね。
長持ちさせたいものです。

ワンマンさん おはようございます

私はMOLESKINEの手帳に書き込むこともあるので、極細のラインアップのあるPILOTを使ってます。
探してて気づいたんですが、欧米の万年筆には極細はないんですね。
店員さんに聞いたら、アルファべットだから、漢字みたいなのがないからでしょうかね。という事でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/13718850

この記事へのトラックバック一覧です: ボールペンの換え芯が短いんです:

« 25mmレンズで家を撮るのだ | トップページ | ゴアというリーダーの語る「不都合な真実」 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック