なかのひと


GoogleAnalytics


« 自然回帰の家H邸の屋根 | トップページ | お気に入りの本 »

2006年10月 4日 (水)

我が家のリフォーム計画その12

リフォームを終えて引越しをし,無事に暮らしている。

今日は何のリフォームかというと
実は,未だに内部の建具が無い。

建具が無いけど普通に暮らしている。

もちろん外の建具が無いと,外部の冷気や音が直接入るので
暮らせないけど

内部の建具は揃っていなくても,大丈夫。

内部の建具がいってないのは,単純に資金配分を遅らせたから。
別に,内部の建具は無くても暮らせるから,後でもいいか
という,感じ。


いよいよ内部の建具をいれようか,というわけで
建具の制作を建具屋さんに依頼し
建具屋さんの長男と次男が採寸。

グレーのシャツを着て,ノートに書きつけているのが
このブログに初登場の建具屋の次男。

20061004083437

奥で寸法をとっているのがいつもの長男。建具屋のお兄さん。

この写真では丁度,物いれの建具の寸法をとっている。

このように建具は出来合いのものを吊りこんですましていない。
いつも,自然回帰の家では,一棟一棟寸法をとり
その家にピッタシとはまるように作っている。
この時に,建具の細かい仕様も再度打合せ。
無論,大まかな建具の姿や材料は予め決めておくが
現場で建具職人の意見も聞きつつ,最終決定する。

我が家の建具は檜でつくることにした。
この物いれの建具。実は建具の見込み,つまり厚みを21mmで作らねばならず
合板を使用してのフラッシュ戸になる。表面は檜のフラッシュ。

見込み寸法を十分にとれる居間入り口ドアは,檜の無垢材による框戸。

物いれも全て無垢材の框戸にしかたかったけど,残念。
もともとは建材多様のマンションとはいえ,残念。


もちろん注文住宅木の家である自然回帰の家は,全てを無垢材の框戸にするのは可能。
後は,家の建築主と相談。コスト,使いみち,全体のバランスなどを考慮し
建具の形,材料,作り方は決めている。


我が家も次回は合板レスの建具にしたいものだ。 Fainal

家をつくるには建具のことも押さえたい。
建具の情報も超住宅フェアにあるかな
下のバナーをクリックしてGO!
Fare3_210


下のランキングに参加中  クリックお願いします
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ
左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。


« 自然回帰の家H邸の屋根 | トップページ | お気に入りの本 »

●我が家のリフォーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自然回帰の家H邸の屋根 | トップページ | お気に入りの本 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック