なかのひと


GoogleAnalytics


« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の29件の記事

2006年9月30日 (土)

家は人に似ちゃうんです

昨日は頗る体調悪く
天井がグルル~ グル~と回ってて
とても仕事でお客様とお話ができる状態ではなかった。


でも
昨日きちんと養生したので
今日は朝から仕事してる。

お客様がご契約された土地を
見せてもらうため、午前中は西区指扇までいく。
これが今朝の仕事。

その土地でお客様のご希望を伺いつつ
日当たりの良い
閑静で
これからご夫婦が生活を営む
素敵な土地
だなと思う。

お客様とお話をしていると
真摯な態度で
慎重に
家をつくりたいと

思われているのがわかる。

昨今では
インターネットやメールなどで
無料見積もり なんてのを見かけるけど
やはり
家づくりの第一歩は
家をつくりたい!
というお客様とお会いするのが
まずは家づくりの第一歩!

見積もりは
いろんなお話をして
その後のこと。

直接お会いしてお話ができると

お客様の言外の要求みたいな
なんとなくのイメージが沸いてくるもの。

家は、特に匠のつくる注文住宅は
その家の建築主に
似てくるもの。

若々しいご夫婦には フレッシュな家
落ち着きの年代のご夫婦には しっとり感
年輪を重ねられたご主人には がっしりとした家

こんな風に家は建てて住まわれる人
と、渾然となる
渾然となるように気を使う

家をつくる側は
やっぱりお客様に会いに行きたいものなのです。

でも
どこに行ったら良いのかわからない方のため
建築家
ハウスメーカー
工務店
などの多種多様の情報を仕入れる貴重なセミナーがあります。
ここに行かれたどうでしょう。
お気軽にウィンドウショッピングみたいな感覚でお出かけください。
もちろん
こんなブログを書いている工務店の情報も手にいるはずです。
詳細は下のバナーをクリックしてGO!

Fare3_210

でも自然回帰の家もお忘れなく New_1


下のランキングに参加中  クリックお願いします
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログへ
左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
サムネイル画像をクリックするとAmazonへジャンプしさらに詳しい情報が見られます。

2006年9月29日 (金)

今日はブログもお休み

今日はブログもお休み。
しっかり養生して
明日から頑張ります。

4jpg_1


下のランキングに参加中  クリックお願いします
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログへ
左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
サムネイル画像をクリックするとAmazonへジャンプしさらに詳しい情報が見られます。

2006年9月28日 (木)

セミナーの準備

今日はグスングスン
鼻水がでる
喉も痛い
体の節も痛く


昼過ぎまで,何とか体を動かして
11月の家づくりセミナーの準備

具体的にいうと
風土社のY編集長に基調講演の依頼

セミナー内容の相談


このセミナー
また紹介するけれど
テーマは子育てのための家づくり


ここまで仕事をおえたら


今度は寒気 体ががたがた震える

どうしようもなく
早退する。

熱を計ってみたら
38.7℃

どうりで

<
<
<
下のランキングに参加中  クリックお願いします
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログへ
左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
サムネイル画像をクリックするとAmazonへジャンプしさらに詳しい情報が見られます。

<
Fare3_210

2006年9月27日 (水)

毎日決断?

今日は休み。


とはいうものの,現場へ足を向けなければならず。
文京区の現場へ行ってしまう。

何か,理由があれば,というか
現場へ行く理由をこじつけて,現場へ向かうのであろうか。

このあたり,実に微妙な加減。

まさか,全く必要もないのに,目の前の仕事を放り投げて
工事中の家へ,日参する訳にはいかない。
というわけで,理由もなしに現場へ行ったわけではない。


そうしたら

この家の建築主K夫人が,来られた。
K夫人に限らず他の建築主も,私なんかより,ずっと工事中の家が気になるはず。
いてもたってもいられない。と,思う。
だから,毎日のように現場に来られる。

無論,目的が何もないわけでは無い。

細かい事まで,自分の気のすむように,納得いくように
つくりたいのだ,きっと。


作り手は,ここでの注文を受けとめなくてはいけない。
中には,出来ない事もある。そのときは,できないと,はっきり断る。

注文に対し,Aの方法ではうまくいかないけど
こっちのBでは,どうだろうか。Bなら出来るし,Aよりうまくいく
こんな,応答もある。


また,つくるほうも,いつまでも悩んでもらっては困るので
今日決めてください,と,言うときも。


注文するお客さんは,気力,体力が必要。

もちろん,すべてお任せ,であれば
弊社のような工務店を相手にする必要もない。

建て売りを買うとか。出来合いのモノからチョイスするとか
いろんな家づくりのアプローチもある。
ただ
弊社にたのむときには
細かいことまで,お施主さんには,考えて付き合ってもらう。
棚一つつけるにも,注文するお客さんには,決断を求める。
だから,家が完成するまで,決断の連続。

これでいいか。
あっちがよかったか。
今,決めないといけない。
迷う。
誰か助けて! 
でも自分の家。
自分で決めたい。
あるいは,よくわからないから,プロの意見に従う。
お任せします。
ぜんぶ決断。

文京の家は
このように,お客様も常に気力を費やしながら
家づくりが進行中。


こんな 家づくりを 目指すか。
全て出来合いからチョイスするか。
別の進め方はないのか。
ひとつ,考えてみましょう。

Fare3_210
上のバナーをクリックして 詳細ページへどうぞ


<
<
<
下のランキングに参加中  クリックお願いします
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログへ
左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
サムネイル画像をクリックするとAmazonへジャンプしさらに詳しい情報が見られます。

2006年9月26日 (火)

雨ふりです

外は雨です。
10月22日に 秋の匠の会一斉見学会
の会場の一つ
吉川のH邸は 瓦を葺く寸前で雨。
瓦の下葺き ルーフラミテクト
まで、何とか間に合う。
大黒柱 化粧梁 化粧垂木 小屋の化粧天井の厚い板 は
雨から
何とか守られる。
O棟梁とW監督の必死の働きのおかげだね
秋の見学会 お楽しみに

その前に
超住宅フェアで
色んな家の情報を仕入れて 較べてください
きっと H邸の良さが
びんびん
伝わるはず
もちろん現地で
超住宅フェアでも H邸でも
私がご説明! させていただきます。
ご期待ください

Fare3_210
上のバナーをクリックして 詳細ページへどうぞ


<
<
<
下のランキングに参加中  クリックお願いします
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログへ
左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
サムネイル画像をクリックするとAmazonへジャンプしさらに詳しい情報が見られます。

2006年9月25日 (月)

反省

昨日は
匠とつくる注文住宅セミナー を開催。
導入のお客様と家のご紹介のとき
かなりばたついてしまった。
写真の順番が想定とかなり食い違い
御来場いただいたお客様にはご迷惑をおかけいたしました。
次は、もっとわかりやすく
丁寧に、お話をとおもう。
でも
営業職だと
色んな経験ができて
昨日は貴重な実戦となった
考えると
こんなにしゃべるのが不得意な人間が
大勢の目の前で、話なんて
以前は考えられないこと。
次のチャンスでは
さらにレベルアップだ!

私どもの会社のお客様と
高棟建設工業様のお客様の二組でのお話
私はばたついたが
もう一方の高橋 高棟建設工業社長は 綺麗にさわやかにお話
これを
見習うようにと、弊社の社長より
忠言 苦言 耳にきつ~い 一言

これも
肥やしにして、次回は高橋社長より
素敵な時間を、お客様にプレゼントだ

反省はこれくらいにして

今日は
また イベントの紹介。
超住宅フェアという
家づくりのための材料を
色んな視点から
たくさん見つけてもらおうというイベント
下のバナーをクリックして詳細ページへどうぞ

Fare3_210


<
<
<
下のランキングに参加中  クリックお願いします
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログへ
左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
サムネイル画像をクリックするとAmazonへジャンプしさらに詳しい情報が見られます。

2006年9月23日 (土)

明日は大変!です!!

明日は
匠とつくる注文住宅セミナー。
大変!!
人前で話をするのが苦手
を、通り越して
必要なことくらい、しゃべろ!
と、人様に注意されるくらいの営業。
しかも
自分では気づかないけど
声が通らない。
で、腹に力を入れて
お腹の中のほうから声を出せ!
と、毎日注意される営業。
なんと
こんな人間が人前に出る!
別に
強要され、命令され、
しゃべらされるのではない。
これ
自ら、志願したこと。
何を言ったかというと
お住まいのお客様の話を聞くセミナーで、
お話を頂くお客様を
手を上げて
私がお客さんに、お願いしてきます!

匠の会で、言っちゃったから
そういえば
このお客様にも
営業マンらしからぬ人だね~

言われたね
でも
こうやってお引渡しした家で
喜んで住んでもらい
なおかつ
人様の前で
自分達の家作りの来歴を
披露してくださるわけだから。
仕事をして良かった。

しみじみ思う
しかも
自分ひとりで家を作ったわけではない
特にT棟梁 通称親分
には感謝。
監督さん、左官屋さん、電気屋さん、建具屋さん
いろんな人にお世話になった
しかも、何度もきつ~く、怒られた
各職人さんは
私よりずっと、家作りに真剣だったね
こんな下で、仕事が出来る
うれしいね

明日は
気負わずに
ゆっくりといこう
明日の主役は
お話を頂くお客さま

明日のセミナーは下のバナーです

協同組合匠の会「匠とつくる注文住宅セミナー」


<
<
<
下のランキングに参加中  クリックお願いします
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログへ
左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
サムネイル画像をクリックするとAmazonへジャンプしさらに詳しい情報が見られます。

2006年9月22日 (金)

家づくりとても大事な15の話

家づくり 
  とても大事な
    15の話

という、小冊子が匠の会から発行され
事務所に届きました。

著者は 匠とつくる注文住宅セミナー の講師をしていただく
野池 政弘 氏 の著作です。

    Photo_1


この小冊子の目次は

  室内に使う材料について
  F☆☆☆☆ という材料のこと
  材料は断面を見ないとわからない
  健在の成分を知り、臭いをかぐ
  見えないところが大事

  素性のわかる木を使う
  わかりやすい言葉で説明してくれるところを選ぶ
  家づくりは人が行うということ
  経験と科学のバランスがとれたところを選ぶ
  要望や健康状態をしっかり聞くところに頼む

  ずっと先まで面倒を見てくれるつくり手がいい
  要望を整理する
  ちょっと我慢する
  家の大きさを考え直してみる
  家づくりを楽しもう

納得のいく
楽しい家づくりは
どうしたらできるのでしょう
まずは 15の大事なことがあります。

こんなことが書かれています。

この小冊子をご覧になりたい方は


協同組合匠の会「匠とつくる注文住宅セミナー」

匠とつくる注文住宅セミナー へ どうぞ。
上のバナーをクリックしてください。

セミナーへ行けない!
という方
千葉工務店をお尋ねください。

<
<
<
下のランキングに参加中  クリックお願いします
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログへ
左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
サムネイル画像をクリックするとAmazonへジャンプしさらに詳しい情報が見られます。

2006年9月21日 (木)

昨日のご主人がお住いの家

Gaikan
この家にお住いのお客様を昨日お尋ねし
軍隊手帳をお見せいただきました。

このお宅は二世代がお住いで
今年米寿のご主人と奥様
今度の日曜日24日の 匠とつくる注文住宅セミナー
でお話しをお聞かせ願う,ご夫婦がお住いです。


1階には広縁 しかもこの広縁はあつい檜の板です。
この縁が特にお気に入りのご様子です。
しかも,この縁から
身近なかたが良く尋ねて来られるようで
この点もご満足のようです。

2階は豪快に丸太の梁が飛び
広々です。

しかも1階も2階も
今年の夏でも,エアコンをつけたのは
4日だったそうです。

本当に喜んで,お住いです。

なぜ,こんな家が出来るのか
直接聞いてましょう。

逆に
どんな不満があるのかも聞いてみましょう。

下のバナーをクリックしてお問い合わせ下さい。


協同組合匠の会「匠とつくる注文住宅セミナー」

きっと
家づくりの大事なヒントが
一杯ですよ。

是非,匠とつくる注文住宅セミナー
にご参加ください。


<
<
<
<人気blogランキングへ〜クリックお願いします!!!
にほんブログ村 住まいブログへ ←こちらもクリックお願いします。
左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
サムネイル画像をクリックするとAmazonへジャンプしさらに詳しい情報が見られます。

2006年9月20日 (水)

こんなものが

今度の日曜日 24日 匠とつくる注文住宅セミナー のとき
お住まいの家を紹介するため数枚の写真が必要で
今日,お邪魔しました。

その時,書院で昭和15年の叙勲の賞を見て
お尋ねしたら

これをお見せいただきました。

20060920techou

軍隊手帳 とあります。
これは,兵隊さんが常に持ち歩くもので
中には,軍人勅諭が和紙に印刷され
さらに,行軍の履歴がびっしりと書かれてあります。

つまり,何年何月何日に出国し,大陸のいつ上陸し
どこを経由し,何日の戦闘に参加したのかが
全てわかります。

その他
所属の連隊
戦功の欄
懲罰の欄
などがありました。

この手帳は下の
奉公袋 に入れて,大事にしまってあったものを
出して、頂いて,見せていただきました。
この,奉公袋は常
に身近に置いておくものなのだそうです。

20060920fukuro

いや,びっくりしました。
こういうものを,見ると
戦争があったんだなと,実感します。


<
<
<
<人気blogランキングへ〜クリックお願いします!!!
にほんブログ村 住まいブログへ ←こちらもクリックお願いします。
左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
サムネイル画像をクリックするとAmazonへジャンプしさらに詳しい情報が見られます。



協同組合匠の会「匠とつくる注文住宅セミナー」


2006年9月18日 (月)

化粧の垂木と厚い板

Fh000001_1


これは先日上棟した吉川の家。

化粧垂木が上がり
今、化粧の垂木の上に、厚板を張っている最中。

棟の向こう側で、O棟梁が張っている。

この板は、厚さが3cmもあるので、張るのが大変。
でも、この屋根の下の環境を考えると、やはり厚い板を張るべき。
この厚い板の上に断熱材を入れ、空気層をとった上で瓦を葺く。

で、厚板を張り終えた棟の向こう側を下から見上げたのが
下の写真。
Fh000005_1

この、大安吉日、家内安全の紙で覆われたのが
丸太の梁。
紙で覆われて、全てをお見せできないのが残念。

実はこの 自然回帰の家 H邸は
10月22日の匠の会一斉見学会での、見学会会場になります。
是非、見て下さい。

おっと、その前に、

24日、今度の日曜日匠とつくる注文住宅セミナー

来月の一斉見学会の前に、セミナーへどうぞ。

セミナーに参加の上で、この家を見学すれば
もっと、家づくりのヒントをつかめるはず。

協同組合匠の会「匠とつくる注文住宅セミナー」

上のバナーをクリックして、詳細へ GO!

<
<
<
<人気blogランキングへ〜クリックお願いします!!!
にほんブログ村 住まいブログへ ←こちらもクリックお願いします。
左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
サムネイル画像をクリックするとAmazonへジャンプしさらに詳しい情報が見られます。


2006年9月17日 (日)

匠とつくる注文住宅セミナーその2


協同組合匠の会「匠とつくる注文住宅セミナー」

匠とつくる注文住宅セミナーの再度の紹介です。

上のバナーをクリックすると匠の会 へ GO!

以前にも このブログで紹介しました。
その記事は ここをクリック!

2006年9月16日 (土)

見義不為。無勇也。

義をみてせざるは勇なきなり

正確には

義を見て為さざるは勇なきなり

でした。

原文は
見義不為。無勇也。

宮崎市定氏の現代語訳は

当然着手すべきときにひっこんでいるのは卑怯者だ。

です。

史記列伝あったような気がしたのですが
論語にありました。
私の記憶も本当に曖昧です。

でも
このとおりに行動できているか
毎日反省です。

独り言でした。

2006年9月15日 (金)

柱間装置

今日も修理報告書を勉強。

この中に 「柱間装置」一覧 という表があって

各間開放,真壁,板戸引違,雨戸,大戸などと書いてある。

柱間装置は はしらまそうち と読む。

久しぶりにこの語を見た。

柱間は,柱と柱の間。
装置とは,この柱の間に設けてある戸などのこと。

軸組みの工法である民家では
礎石の上にまず柱を建てる。
下から順に足かため,差し鴨居,胴差し,桁,梁などを
組んで基本の架構を作る。
棟まで,つまり全ての構造体ができあがっても
まだ壁などの出来る予定の,柱と柱の間はなにもありません。

何もない,柱の間を,
どういうふうに,壁にしたり,閉じたり,窓をつけたり,するのか
これが,即ち,柱間装置(はしらまそうち)。

装置とは,良く言ったもので
改変可能のニュアンスがある。
柱を動かさずに,撤去せずに
庭を眺める窓をつけたり
部屋をつなげたりして,部屋堺に建具を
後世に作り替えることも可能。

装置だから,季節ごとに建具を入れ換えれば
夏の家になり,雨が強ければ雨戸を建て
云々と
いろんな風に家が変化する。

と,思いつつ
報告書の本文はそっちのけで写真掲載のページをめくる。

<
<
<
<人気blogランキングへ〜クリックお願いします!!!

左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
サムネイル画像をクリックするとAmazonへジャンプしさらに詳しい情報が見られます。

お手入れ

20060915095244

当社の作業場にいったら

いつも 作業場で家の造作材
敷居、鴨居、窓の枠、家具などの加工してる
I大工が、砥石がぐるぐる回りながら水をかけている
機械の前で

なにやら お手入れ。

何をお手入れしているかというと
自動カンナの刃を研いでいます。

手入れの済んだ刃を見ると
先端部分が少しだけ角度が違い、光具合が違う。
こうじゃないと切れないんだ、という事です。

<
<
<
<人気blogランキングへ〜クリックお願いします!!!

左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
サムネイル画像をクリックするとAmazonへジャンプしさらに詳しい情報が見られます。

2006年9月13日 (水)

匠の会センタ会議

今日は匠の会のセンター会議といいまして
匠の会会員社の営業の集まる月一回の会議。
月一回ですから,会議の内容は
あつくなる。
議論白熱。悩んだり。解決策がなくて,なが〜い沈黙が続いたり。
丁々発止の議論になったり。
でも
結局は何故に家を作るのか
に,尽きる。
私のやること,考えることはなんだろうか。
家づくりの匠の会
高い質と技の匠の会
ここでひるむと匠の会はなくなるかもと
思いつつ

義をみてせざるは勇なきなり

と帰路につきながら思い出した。

2006年9月12日 (火)

もうすぐ秋か

民家の修理報告書を読んでて
疲れて
書棚にある 定家八代抄
が目に入った。
夏の部の最後の章に

夏と秋と行き交う空のかよひぢは
  かたへ涼しき風や吹くらん

という歌があった。

丁度,涼しい風が雨音混じりで
吹き込んで入るね

独り言でした

上棟して二日目

先週の土曜日に吉川の地で
上棟した家の今日の姿。
家内安全と赤字で書いてある紙で
丸太の梁が汚れないように
奇麗に包んであります。


20060912114450

<
<
<
<人気blogランキングへ〜クリックお願いします!!!

左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
サムネイル画像をクリックするとAmazonへジャンプしさらに詳しい情報が見られます。

2006年9月11日 (月)

匠とつくる注文住宅セミナー

今日、匠とつくる注文住宅セミナー
のチラシが出来上がりました。
                ↓これです↓
これをクリックしてください→「a4.pdf」をダウンロード
このセミナーの第三部での
家づくりの生の声
をお話いただくお客様にお引渡しをしたときに
こんなエピソードがありました。

竣工してお引き渡しでの席でのこと。

竣工書類の取り交わしを無事に済ませ、
羊羹を頂きながらの和んだ席で、お客さんがおもむろにお話を始め、
一同笑いの渦に。

お客さん曰く
「最初お会いした時、目的地に行き着けず、
近くのファミリーレストランの駐車場で待ち合わせをしましたね。
しばらく待っていたら、
営業マン失格みたいな、全く営業マンらしからぬ人がやってきてね」

一同
「わはは」
と、大笑い。そんなに可笑しいかなと、一人少々悩む。
営業しているつもりなんだけどな。

「しかも、全く宣伝しない。大丈夫かなと、不安。」

ここでも、私一人を置いて一同大笑い。
そうかなあ。
一生懸命に木の家の説明をしたんだけどなと、
また一人で、営業してるんだけどな、と、思う。

「でも、いい家を創って貰って、うれしくてね。これから、一時も早く家に帰りたくなるよ。
あなたのイメージ通りの家になったでしょ。
私の意見は有ったけど、まったくもって抗しがたく、
いいように丸め込まれちゃったんです。」

またまた大笑い。
自分の意見を強硬に主張した覚えは無いけどな。

「当然のごとくに、壁は土佐漆喰にしましょう、と、言われて、
私達はただ、従ったまで。でも、いい家になったよね。」

ここでも、くすくすと隣の人が笑っている。
うん、ここでも、そうはいっても、
成分とか塗り方とか材料の来歴を説明したでしょと、首をかしげる。
これを見た一同は、ここで大笑い。

「自分たちの家の大工さんに会った時、
でれでれの格好をした、調子のいい人が来てね。ここでも不安。」

ここでは、私も一緒に笑えた。

「この和室を創ってる時に、
この大工さんが非常に繊細に考えて、
丁寧に仕上げてくれてね。
見た目と仕事の几帳面さがにミスマッチで、
ついつい大工さんに見てくれと
仕事の質が全然かけ離れてるね、と、言っちゃいました。」

一同大爆笑。私も一緒に腹を抱える。

最後に奥様が

「ほんとに主人の言うように、うちで決めて下さい、なんて、聞いてないんですよ。」

私は

「そうはいっても、奥さん、ほどほどにしゃべったでしょ。」

「あなた、口を軽くなめらかに、
蛇口をもっとゆるくしてね。
じゃんじゃん宣伝してちょうだいな。

でもね、調子だけ良くって軽い感じのしない、あなたに頼みたかったのよね。」
あれれ、最後に決め手の大爆笑。



こんなことがありました。

2006年9月 9日 (土)

無事に棟が上がりました

無事に棟が上がりました

丸太梁も組上がって、無事に棟が上がりました。

丸太梁

丸太梁

いよいよ9メートルの丸太梁が架かろうとしています。

大黒柱が建ちました

大黒柱が建ちました

大黒柱がどっしりと建って
胴差しがささりました。

一階の柱が建ちました

一階の柱が建ちました

一階の柱が建ちました。

上棟開始

上棟開始

吉川の地で上棟が始まりました。

2006年9月 8日 (金)

土台敷き

今日は、明日上棟の家の土台敷き。
写真は、桧の土台をバーナーで焼いているところ。
そうです。焼き土台といわれるものです。
なぜ、焼くのかというと
バーナーで焼くと
炭になります。
炭は腐りません。
炭は炭素ですが、
この炭素は安定している物質です。
たまに
遺跡の中に炭化した米が見つかったというニュースを見かけませんか。
炭は腐らないという証です。
だから
土台を焼いて炭をつくっています。

F1040025


<
<
<
<人気blogランキングへ〜クリックお願いします!!!

左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
サムネイル画像をクリックするとAmazonへジャンプしさらに詳しい情報が見られます。

2006年9月 6日 (水)

バイオマス

バイオマス

研修の二日目
安成工務店の半手刻みプレカット工場へ
写真は木の端材を原料にしたバイオマス発電機。
工場の二割の電力を供給しているそうです。

チルチンびと営業研修

チルチンびと営業研修

昨日はチルチンびと地域主義工務店の会の営業研修。
目からウロコ か
豚に真珠 か
良薬口に苦し
に、なるかは
帰ってからどんな解決策を決め、動き出すか

ですかね。

2006年9月 4日 (月)

糎はcm

今,この本を読んで勉強しています。
仕事を終えて帰宅して,ページをめくっています。
めくるというのが,本音。
だってね,内容が難しく,つまらないように書いてあるのです。
もっと,解りやすく書いてくれればいいのに,と
うらめしく思いながら,めくっています。
この中で,
柱の径が15糎 と,書いてありました。
これは,15センチと,読みます。
15cmと書いてほしいですよね。 


F1040011


F1040012

でも,
想像しながら時空を越えると
わくわく してきます。

<
<
<
<人気blogランキングへ〜クリックお願いします!!!

左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。
サムネイル画像をクリックするとAmazonへジャンプしさらに詳しい情報が見られます。

2006年9月 1日 (金)

小黒柱のひかり

午前中の打合せを終わり
会社に帰ってきたら
小黒柱と丸太の梁をひかってます。
写真のコンパスみたいなもので
丸太の形を柱に移しています。

Shoukokuhikari01

Shoukokuhikari02

これをさらに蚤で刻んで
建て込んだときには柱と梁が
ぴったりとなるように加工するわけです。

今日はここまで。


« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック