なかのひと


GoogleAnalytics


« 家はみんなの家です | トップページ | 雨の降る日に »

2006年3月 1日 (水)

対ボスニア戦

昨日、ボスニア・ヘルテェコビナと日本代表のサッカーの試合がありました。
同点だったけど面白い試合でした。
攻撃も守る側も筋書き通りには運びません。
練習しているようには必ずしも展開はしていきません、と、思います。
試合では予期しないことが起こるようです。
でも、目的は相手より数多くのゴールをすることです。
相手に向かっていき、また、より自陣側で相手を押さえる。これは変わりません。
不確かな世界で、各人が協力し、チームメイトの動きを予測しながら、
ボールを持つ選手は動いているようです。
フォワードは守る時には、ディフェンダーを信頼し、
そこから自分にボールがわたるのを予測しながら
たっている位置を微妙に変えながら、待っているように見えます。
不確かな未来を好転させるのは、互いのプレーの組み合わせの効果だと、信じているようです。
マニュアルのとおりに進まず、思っていない展開になったら
こうしたら、こうなる、みたいな想像力が不可欠のようです。
家作りの時も、思ってもみないことが起きることがあります。
このときも、仲間を信じて、感覚や想像力を働かしてことにあたっています。
図面でうまくいっても、現場では必ずしも想像のとおりにいかない。
でも、各人の職業的センスの重なりで、ひとつの家が出来上がります。
昨日の試合と似ているな、と、思いながら、
ロスタイムでの中田のシュートを見ました。
せっぱつまって、同点!
せっぱつまって、最後には互いに喜ぶ!
家作りもおんなじです。

« 家はみんなの家です | トップページ | 雨の降る日に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どうもー!遊びに来ました。
そうですね、おっしゃる通り、最後はプレイする人、家づくりでは(職人さん)の腕の見せ所で、決めてくれます。
うまくいけるのか、どうなるのか、、、など出来上がっていく過程にトラブルなどがあり、いろんなことがあり、物作りの面白いところではないでしょうか?少しかっこええこと言ってしましました。大阪は朝から雨です。

トミーさん。いらっしゃいませ。
家を作るときってほんとに色んなことが起こります。これさえも楽しみにしてしまえ!と、日々転がりまわっている、tatsuroです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167658/8891014

この記事へのトラックバック一覧です: 対ボスニア戦:

« 家はみんなの家です | トップページ | 雨の降る日に »

このブログ内での検索


  • Google

    Web全体
    このブログの中

最近のトラックバック