トップページ > 4.0 思想・哲学 >『史記列伝』李将軍列伝

« 阿倍源基著『昭和動乱の真相』 | トップページ | 『おいしいハンバーガーのこわい話』 »

2007年7月13日

『史記列伝』李将軍列伝

一昨日と昨日と『史記列伝』を読んでいます。

何かにつけ、気になると、ついつい開き
昨日は「李将軍列伝」を読んでいました。

各々の列伝の最後には著者「司馬遷」の
「私はこう思い、こう感じる」というのがあります。

そこに

 「桃李不言、下自成蹊。」
 「桃李言はざれど、下自ら蹊を成す。」
 「桃やすももは何も言わないが、その下には、自然と小道ができる」

と、ありました。

 
 
司馬遷が実際にあった李将軍は、全くの田舎物のようであり
おずおずとして口もきけないような人物であったそうです。

この李将軍。
兵が皆、食事をとって初めて自らの食事を始め
兵が皆、寝てから自らも休み
のどが渇き川に来て、兵が喉の渇きをいやし終わってから水を飲んだ
そうです。

こんな指揮官だからでしょう。
兵士は将軍のためによく働き
将軍が死んだときには兵・人々は嘆き悲しんだのです。

飾りが悪くても、弁舌爽やか巧みでなくとも
颯爽たる風姿でなくとも

桃やすももが人を自然と誘うように
それ自身において、魅力があって、芳香を漂わせれば
そこに続く小道が出来あがるように
自ずと、桃とすももは廻りを導いているのです。


今日はこうありたいと思いました。

 
手づくり木の家万歳!たつろうの幸せ日記】はこちらです。

|

4.0 思想・哲学」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『史記列伝』李将軍列伝:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)