トップページ > 4.0 思想・哲学 >松井秀喜の『不動心』を読んで

« 『日本の民家』をとりだしました | トップページ | 阿倍源基著『昭和動乱の真相』 »

2007年5月23日

松井秀喜の『不動心』を読んで

002今日、松井秀樹著『不動心
を読みました。

ニューヨークヤンキースの松井秀喜が
手首骨折のときに

多くのファンから励ましをもらったので、

今度は松井秀樹が
多くの人へメッセージをという背景のようです。

 
 
やはり心が大事。

心の底から大好きなことに力を傾けて、チームや世の人のお役に立ちたい。
そのために、自らの立つ位置の基本を常に磨いて準備をしておく。
調子が悪いからと、自分がぶれては台無しです。

人って不思議で自分の事だけを考えているときは力が発揮できないようです。

やはり、人のためにって思うときに楽しくなるし、慢心が消えます。

もちろん、この方のために家をつくって喜んでもらいたい。
いろんな相談にものって、お話を聞いたりご提案をしていました。
こんななか、ある日突然お断りの電話を受けたら、
それはもうショックです。
夢に出てきてうなされるくらいにショックです。
 
 
こんなときどうしますか。

松井は、コントロールできることと動かせることを区別してるんですね。
コントロールできないことが一杯ある。
自分ではどうしようもできない。
どうしようもできないことに気を病んでも仕方がありません。

体が小さいことはコントロールできないけれど、
体が小さいことを受け入れて、そこから工夫をすればいい事です。

コントロールはできずとも動かせることもあります。
人の心はコントロールできないけれど、
人に喜んでもらったり感動してもらうのはできます。

お断りをされたのは、私にはどうしようもありません。
家は私のためにあるのではありませんから。

お客さんとの家づくりの方向と違っただけのことです。
 
 
ここで悶えて、いつものやり方を全て放り投げて
全く違う家づくりをすすめたら、
私も楽しくないし、
そんな家をつくらされるお客さんも可哀想です。
つくってる側がおかしいと思ってるんですから。
 
 
こんなお断りはどうしようもありません。
現実はしっかり受け入れて、
動かせるものは動かし、工夫は忘れぬようにしなくてはいけません。
 
 
私は心を大事にして、軸は変えたくありません。
起こってしまった事を噛み砕いて軸を強くすることにします。

大好きな家づくりをして、
人様のお役に立って、一人でも多く方に喜んで欲しいです。

私の動かせないものは、
やはり家をつくって人様に喜んでもらいたいということです。

|

4.0 思想・哲学」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松井秀喜の『不動心』を読んで:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)