トップページ > 5.0 小説・詩・歌 >つらい日に詩集を開きました

« 源氏の君は何処に寝るのかな | トップページ | 51C型という家がありました »

2007年1月23日

つらい日に詩集を開きました

                 Banner_03_1    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ
                 つらかったので詩集をひらきました
                 共感!頂いたら,バナークリックで清き一票を!
                  <
                  <
今日はつらいので
気分を潤わせようと思って文庫の棚を開けた。
そしたら,室生犀星詩集が。

  
  
  ふるさとは遠きにありて思ふもの
  そして悲しくうたふもの
  
  よしや
  うらぶれて異土の乞食(かたゐ)となるとても
  帰るところにあるまじや
  ひとり都のゆふぐれに
  ふるさとおもひ涙ぐむ
  
  そのこころもて
  遠きみやこにかへらばや
  遠きみやこにかへらばや

すこし。気持が落ち着いた。

    Photo_4
    
そのとおり!と,思ったら,下のバナーをクリックしてくださいね。
↓↓↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓↓↓
Banner_03_1   にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ
左サイドバーのお気に入りの本も注目。コメントは読後感であり私的評価です。

|

5.0 小説・詩・歌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つらい日に詩集を開きました:

コメント

どうしたんですか?
大丈夫ですか?

僕も詩をとひとつ思い出しました。


無理をしないで なまけない
わたしは弱い人間だから

あいだみつを


つらいことは忘れて、元気になってください。

投稿: kumaotoko | 2007年1月23日 23時44分

kumaotokoさん こんにちは

今朝は現場の草刈。
体を動かしまたら嫌気という変なものが蒸発ですねん。
無理をしないで なまけない ! か
やっぱり一歩一歩ですね。

投稿: tatsuro | 2007年1月24日 12時54分

私も室生犀星のふるさと大好きです。
ふるさとは近いので郷愁に浸ることはないのですが、なんか心にグッときますね。

詩を日常に思い出すって素敵です。
心が落ち着いて良かった・・・。

投稿: ビルダーナース | 2007年1月24日 16時41分

ビルダーナースさん こんばんは

文学はこういう時のためにあるんですね。
はっとして
栄養が染み渡るって感じです。

あと,今日は草刈りをしましたあ。
これで更に軽くなりました。

投稿: tatsuro | 2007年1月24日 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)